ここいらとは長野の方言で「このあたり」という意味です。
「自分の足元を大切に」暮らしていきたい思いをこめました。
化学物質過敏症になって気づいたこと、学んだこと、
回復への道のりや日々の暮らしをのんびりゆる〜く綴っています。
聖地

 

いやぁ、雨続きですねぇ。

 

このところ、

 

ここいらブログを読んでくださっているという

 

話をよく聞くようになり、嬉しいです。

 

ありがとうございます!

 

 

そこから話が広がって、写真の裏話をしたりと、

 

お客様と楽しい話題もふくらみます。

 

 

 

 

 

 

*せめて気持ちだけ青空に〜  

 

裏話その1 このところ写真班・夫の撮影が追いつかずこれは去年のブルーベリーです。

 

ネットって言わなきゃわからないことたくさんありますね。

 

 

気まぐれ更新で、何度か開いても

 

 

「ああ、まだ更新されてない」

 

なんて思わせてしまってるのかなぁ、、

 

 

と申し訳なく思いつつ、

 

 

気まぐれ更新まっしぐらのここいら店長ブログです。

 

 

ここは改善したいところ!! 満月、新月更新とかね。

 

まずは、小さくつぶやいてみた。

 

 

 

そんなブログを読んでくださってありがとうございます。

 

 

最近のここいらは

 

 

発症して間もない方たちからの

 

 

ご相談をうけることが多いです。

 

 

私は、専門的な知識はなく、

 

CS的仙人暮らしまで至らなかったので

 

CS的仙人暮らしhow to  はわかりません。

 

 

困った時にどう対処してきたのか、

 

 

発症してから回復するまで、

 

 

どうやって回復していったのか、

 

 

家族、友人、職場、まわりの人たち、

 

そして自分自身とどうやって

 

折り合いをつけていったのかお伝えしています。

 

 

このブログでは、今は主にCS発症してから回復までの

 

心の動きや、気持ちの持ち方などを、

 

日々の暮らしをまじえて綴っています。

 

 

なので、CS的 仙人生活の how to をお求めの方は、

 

「そんな精神論いらねぇ。」

 

 

とご満足いただけないかもしれません。

 

 

どんな病気も度合いや治療方法には個人差があります。

 

 

私はいろいろなことに恵まれて、外出できなかった期間は

 

わずかで、長期にわたり重症化することなく

 

回復していきました。

 

 

今年の春頃から、食養生をはじめたら、

 

ますます元気になりました。

 

食べ物と腸内環境本当に大事です。

 

 

なんて、元気になった話ばかり書くと、

 

 

今、辛い思いをしているCSさんたちがどう思うのか、

 

独りよがりになっていないか、

 

 

気になるところなので、たまに

 

 

私のヘロヘロ時代の心の中を思いだしています。

 

 

電車も乗れずに思うように外出できず、

 

1日外に出たら、3日は家でヘロヘロタイムが

 

必要だった頃。

 

SNSで飛行機に乗って旅するCSさんや、

 

全面的にCSを理解して

 

協力体制のパートナーがいる方をみて、

 

 

「私もいつかそうなれる!」

 

と希望を持てた反面、

 

 

うらやましくて仕方ない

 

気持ちもありました。

 

 

CS以外でもお金持ちの同級生のSNSの高級焼き肉や、

 

前回のブログの親友たちの裕福な暮らしぶりだったり、

 

隣の芝生はそれはそれは青くて、私の中の

 

 

シットン(嫉妬のお化け)

 

 

が、ムクムク出てくるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体調悪いとね、気持ちも落ち込んで、負のループ

 

そして、まわりの表面的なことだけみて、うらやましくて

 

動けない自分が悲しくて、

 

悲劇のヒロインごっこをするわけです。

 

ちっちぇぇ自分

 

 

そんな自分が嫌で、

 

 

自己嫌悪の負のループ

 

 

いやぁ、負のループってなかなかぬけられないのよ。

 

自分で落とし穴掘ってるしね。

 

 

 

そんな時どこかでみた文章に

 

 

 

あなたがうらやましいと思う、

 

その人のすべての人生と

 

 

あなたのすべての人生をまるごと交換

 

したいですか?

 

 

 

みたいなことが書いてあって、

 

 

あーっ

 

 

うらやましい人と自分の人生の

 

交換っこしなくていいや。

 

 

 

辛いことがあっても、

 

 

自分の人生、自分と関わってくれている

 

全ての人たちが大好きで、

 

 

自分にも愛着があることに気が付きました。

 

 

シットン消滅!!!

 

 

高級焼き肉はまだ食べたい。。。

 

 

言い訳だけども、ヘロヘロ時代にうらやましく思った、

 

 

CSさんたちは、「CSでもあんなこともできるんだ」

 

「家族がこんなに協力してくれるんだ」

 

 

と新しい発見と希望、励みのほうが大きくて

 

 

シットンは一瞬で消え去り、

 

 

その人たちを目標にして、希望をもち続けて

 

 

今、それが叶えられています。

 

 

シットンから、

 

カンシャーナ (感謝の女神) に。

 

 

 

 

 

 

 

 

願い続けること、大事ですよーーー

 

 

 

今は辛くても、回復するんだと願い続けてください。

 

 

発症したての急性期は、とにかくいろいろなことが一気にダメになり

 

この先どうなるかわからず不安で、パニックになりますが、

 

3年くらいたつと自分の体の回復方法や、避けるべきものなど

 

暮らし方もわかってきて、みなさん大体落ち着いていきます。

 

仙人生活は、自分がもういいやと満足するまでやってください。

(戻ってくるという強い気持ちを大前提に)

 

それぞれのおかれた環境、他の疾患、人間関係などそれぞれ

 

事情が違うので、そこから先どう転ぶかはその人次第。

 

 

だけども、何人も回復している人をみています。

 

 

 

回復の大きなきっかけをもらった避難先で

 

 

 

今、苦しんでいること、状態(例えばCSとかね)

 

 

それが解決(回復)したら何がしたいか

 

 

紙に書きました。

 

 

 

言葉や文字にすると、

 

 

自分の脳や細胞に教えてあげられるのだと思います。

 

 

私は、CSが回復したら自由になりたいって

 

 

書きました。

 

 

その後の言葉はこっぱずかしくて言えないので

 

 

直接聞いてください。どや顔でお答えします。

 

 

ほんとに恥ずかしいのか怪しいな。

 

 

その時、紙に書いた自分の願いと決意にむかって

 

一歩ずつ進んでいます。

 

 

 

 


 

 

CS的仙人暮らし

 

 

 

響きはかっこいい? ですが、

 

 

それはなってみた人にしかわからない

 

壮絶な暮らしなのだと思います。

 

 

ネットなどで

 

 

いろいろなCSさんの悲痛な叫びを読むたびに

 

 

胸が痛くなります。

 

 

そしてそれは決して

 

人ごとではないということ。

 

 

化学物質過敏症

 

誰にでもおこりうる病気だとしたら

 

 

発症して重症化するのも、

 

 

回復しても再発して重症化するのも

 

 

人ごとじゃないんです。

 

 

 

そのことは、回復した今も、

 

 

よーく肝に銘じておこうと思っています。

 

 

喉元すぎればなんちゃらだからね。

 

 

 

着れる物がなくなって綿を紡ぎ、機織りまでしたという

 

元CS仙人、今、看護師さんの言葉が忘れられません。

 

 

思う存分あちらに行ったら、

 

戻ってきて下さい

 

 

うまいこと言うなーってうなっちゃったよ。

 

 

 

もう一人、生まれた時からCSで変な子扱いされ、

 

自分はいろいろなものに敏感という認識だけで、

 

CSという自覚のないまま、時には寝込みながらも、

 

仕事や旅行をしながら暮らしているお嬢さんが、

 

 

今回のコロナでテレワークになったことで、

 

 

自宅は聖地だから、そろそろ

 

 

外に出なければ出られなくなっちゃう

 

 

と、元CS仙人とまったく同じことを言っていました。

 

自覚がなくても、考えることは同じってことですな。

 

 

 

回復のチャンスとタイミングを逃さないように、

 

 

化学物質や電磁波のセンサーを磨く前に

 

回復のチャンスのアンテナを

 

はって、体を整えましょう!

 

 

 

カンシャーナ(感謝の女神) は、みていますよ。

 

 

 

 

番外編

 

 

高級焼き肉を食べたいと願い続けてたら、先日お中元の

 

おすそ分けをいただきました。

 

おおっーーー  

 

 

次は高級寿司を食べたいと願いつづけようと思います。(違

 

 

カンシャーナはそんな私の腹の中までおみとおし。

 

 

- comments(0) -
半径5メートル

 

東京アラートも、

 

午前0時に解除されステップ3に移行ですね。

 

 

私は、都会の喧噪から逃れ、

 

 

自然たっぷりの田舎に行きました。

 

 

なーんて、田舎の山の中のようだけども、実はここ

 

 

自宅から自転車で10分の散歩コースでみつけた木陰たち。


 

 

 

 

 

夏の散歩は太陽に打ちのめされるので、

 

こういう木陰コースを探すのが大切です。

 

 

ちょうど夏の散歩コースが、

 

通れなくなってしまったので、今日新しいコースを

 

 

みつけることができて、ご機嫌な私。

 

 

 

19日までは県外への不要不急の移動は自粛なので、

 

 

この写真をみて、しばし帰省した気分に浸ります。

 

 

 

21歳の時に長野から東京に引っ越して、人生の半分以上を

 

東京で暮らすことになった私は、CSになる前から、

 

田舎が恋しくて、恋しくて、なにかと理由をつけては

 

帰省していました。

 

 

田舎に住んでいた時は、

 

 

「何にもねぇ」と文句言ってたくせにね。

 

 

18歳の私に、どこ見てるんじゃーっと頭ペシペシしたい

 

 

いざ離れてみると、

 

澄んだ空気、美味しい水、まるで絵画のような山々、

 

 

流れ星が見える夜空、四季折々のたくさんの

 

 

自然の恵みに溢れている土地に住んでいたことに

 

 

気づいたのです。

 

 

田舎にいた頃は、眼鏡してなくて星も見えなかったんだけども

 

 

 

化学物質過敏症発症、

 

そして原発事故がおきて、私の田舎暮らし願望、

 

 

やまのいえの願望は、ますます強くなっていきました。


 

田舎で自給自足の生活、 田舎暮らしがしたい!!

 

 

そう思い続けて、

 

 

帰省する度に、空き家を探し、見に行っては、

 

自分に足りないモノの現実を突きつけられます。

 

 

すぐに住める状態の家を買う(借りる)ためのお金、

 

タダ同然の家を自分たちで修理する技術と時間、

 

 

どちらもなかった。

 

 

 

これだ!

 

 

という条件の家は、中に入ると、灯油のニオイが

 

充満していたり、家中丸ごと防虫剤の家

 

 

そこに住む体力もなかったのね、、、

 

 

 

そして今回のコロナ

 

 

店から食べ物やトイレットペーパーがなくなり、

 

見えないウィルスの恐怖におびえる人々。

 

 

トイレットペーパーはなくても平気だけど

 

 

種を蒔かなくっちゃ!  やまのいえ作らなくっちゃ!

 

 

と、おびえた私。

 

 

 

でも、体力はついたけれど、他はあの時足りないまま。

 

 

そして、コロナで帰ることもできなくなっちゃった。

 

 

いーなーかーにー 帰れないーー るるるー

 

 

 

 

 

とはいえ、コロナでいつもに増して体調整えることを

 

 

優先して、毎朝の散歩、ラジオ体操、プランク・・!

 

 

5分間プランクできるようになった!!

 

 

食事や腸内環境を整えたりしながら、

 

 

 

朝の散歩中にドクダミを摘みながらふと気が付いた。

 

 

あれれ、

 

 

半径5メートルの自分の足元に

 

こんなに幸せがあるじゃないって。

 

 

 

 

 

近所の畑を借りれなくなったら、

 

カフェスロー、元スタッフのあやみんの

 

紹介でつながった、国立のやぼはたけとのご縁。

 

 

東京で、田んぼもできるんだぞーー

 

 

 

やぼはたけでヨモギを摘んで、ヨモギ餅も食べた。

 

好きなだけ土いじりができる。

 

 

ドクダミだって、ヨモギだって、田んぼだって

 

 

東京にあるじゃない。

 

 

去年は藤野でも田んぼやらせてもらったじゃない。

 

もちろん、全部無農薬だよ。

 

 

 

 

 

家の前でもプランター野菜作りをデビュー

 

 

 

そして、

 

 

なによりも一番大切なものが東京にあることに

 

気が付いた私。

 

 

上京してから、お互いの環境がどんなに変わっても、

 

 

私が過敏症発症しても、ずっと変わらず

 

 

損得なしの関係でいられる、二人の親友。

 

 

 

二人の家の鍵まで持ってるのに、私の鍵は渡してない強欲っぷりは

本当に損得なしなのか、会った時に問い詰めて下さい

 

 

 

35年来の大切な親友二人とは、

 

 

上京してなかったら出会えてなかったこと。

 

 

夫もそうなんだけどここは省略

 

 

 

何にも変えられない大切な宝が、

 

 

自分の足元にあった。

 

 

 

 

足元を大切に、感謝して丁寧に暮らす

 

 

 

屋号につけた「ここいら」は

 

長野の方言で「このあたり」という意味。
「自分の足元を大切に」

暮らしていきたい思いをこめています。

 

 

 

田舎のお師匠さんに言われたことが、

 

 

紆余曲折、

 

らせん階段のようにぐるぐる、ぐるぐる

 

いろいろな道をたどって、ようやく

 

 

自分の肝(ハラ)にストンっと落ちてくれた、

 

 

朝の散歩道でした。

 

 

 

友よ、 今頃?というツッコミはなしの方向でよろすく。

 

 

 

 

 

 

もちろん、CSさんが安心して泊まれる居場所

 

やまのいえ  作りを諦めたわけではないです。

 

 

でもそれは、今、自分がいる場所で1日1日を感謝しながら

 

 

丁寧に暮らしていくことで、

 

 

私にとってベストのタイミングで

 

 

ご縁が繋がるのだと思っています。

 

 

必要な時に、

 

 

必要な人、

 

必要なモノとコトはやってくるから。

 

 

 

先の理想ばかり追いかけないで、でも夢は捨てずに、

 

 

ここにある幸せに感謝しながら、始末のよい暮らし

 

心がけていきます。

 

 

 

竹の湧泉3L、コロナ応援価格   まだまだ継続中です!

 

 

 

 

- comments(0) -
コロナ応援価格はじめます

 

緊急事態宣言が解除されない東京はまだまだ

 

外出自粛が続いています。

 

 

コロナウィルス感染拡大の影響で、日々の

 

お洗濯の量も増えているのではないでしょうか。

 

 

少なからずとも影響を受けているここいらの

 

お客様に、何かできることはないか考えました。

 

 

日頃の感謝の気持ちをこめて、

 

 

竹の湧泉3Lを 2割引きで販売いたします。

 

 

数量限定となりますので、お早めにどうぞ〜

 

 

ご注文はこちらから

 

 

 

 

 

いつもの三密避けた、お散歩コース

珍しく、鴨が川から出ていたので夫がパチリ。

 

 

手数料かかりますが、

 

佐川急便 e-コレクトもはじめました。

 

最近、クレジットカードのご要望をいただくことが

 

 

多いのですが、こちらはあと少しお待ち下さいね。

 

 

 

 

 

 

さてさて、私は2月から食養生をはじめて、

 

体調、まずまず調子よいです。

 

 

でも、口が卑しくて、なにかしら食べたくて食べたくて。

 

ということで、米にゴマと、和の玄米オイルをちょっと

 

垂らしてオーブンで焼く、自作せんべいにはまってます。

 

 

作ると全部食べちゃうから、作りすぎ注意、、、なんだけどね。

 

 

昨日、facebook の過敏症グループのプチオフ会に参加。

 

 

このグループ、専門分野に長けている人、情報収集の神、交渉術の達人と

 

すっごく濃いです。

 

 

ここいらブログ更新がなかなかできない理由のひとつに、文章を作るのが

 

苦手で、基本ROMの人なので、あなただーれ?なかんじでしたがw。

 

 

 

 

 

そこで、アルコールを使えない人の手指消毒は

 

 

どうしたらよいか聞いたら、石けん水を持ち歩く

 

 

ことを教えてもらいました。

 

 

 

あーっ、発症したての頃、重曹水持ち歩いていたなぁ。

 

 

今は、すっかり竹の湧泉だけになったけれど、竹の湧泉は

 

香料落とすのは得意だけども、対コロナにアルコールや

 

石けんのがいいものね。

 

 

アルコール使えないCSさん、是非自分が使える

 

 

石けん水を作ってみてくださいね。

 

 

 

 

 


プチオフ会は、ネットでしかやりとりしていなかった


方たちの顔をみて話すことができ、いつもお世話に

 

なっている方たちに会えて、楽しかったです。

 

 

まだビデオチャットというものに慣れてなくて、

 

何故か、写真撮影状態? 静止画になっていた時も

 

あったけれど  笑

 

そのうち慣れるでしょうぅ。

 

こうして家にいながらにして、遠く離れた人の顔を

 

見て話ができる時代。 いやぁ、すごい時代だ。

 

 

その昔、ビデオデッキを再生できなかった、おばあちゃんに

 

なった気分です。

 

 

物事の表裏一体

 

 

便利な物に助けてもらってもいることも、忘れずに、

 

だけども適切な対応をして、自分の体のお手当を怠らず

 

暮らしていきたいです。

 

 

ここいらビデオチャットご希望の方がいましたら

 

連絡くださいね〜

 

 

 

 

お知らせ comments(0) -
嬉しい電話

 

バイト先のモノがたりマーケットは時間短縮営業

 

オープンしていますが、オーナーのイベントが軒並み

 

中止になったことと、CSの私はオーナーの配慮で

 

お店番から外れテレワークになりました。

 

いつも体のことを考えてくれてありがたい、、

 

 

 

*昨年畑の片隅に植えたセージに花が咲いた〜

奥にみえるローズマリーとセージはまだ置かせてもらっています。

 

 

前のブログにも書いたけれど、原発、コロナは

 

過敏症と共通するところがたくさんあります。

 

 

マスク、人に近づけない、帰ったら風呂に直行、服や

 

バッグは毎回洗う。

 

 

散歩に出るとみんなマスク、マスク、マスク。

 

 

不謹慎だけども、みーんな過敏症になったみたい。

 

 

患者会の憩いの仲間に参加している、CSではない方から

 

コロナウィルス感染対策で外から帰ったら上着などを

 

拭いたり気を遣うようになり、CSの方たちはずっと

 

こんな風にしておられるのだと気づき、表面的にしか

 

見てなかったことを反省したとメールをいただきました。

 

CS対策はコロナ対策にも重なっているとも。

 

 

そうなんだよね。

 

 

原発の時は、西や海外に移住や保養に行く人たち、

 

私も東京から田舎に保養しに何度か行ったけれども、

 

 

コロナは地球上、

 

どこにいっても逃げられない。

 

 

 

CSになって学んだことのひとつです。

 

 

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

 

 

ニーバーの祈り

 

 

 

できることは、自分の体を整えること。

 

 

 

ということで、いつの間にかやめてしまった

 

家族揃って朝のラジオ体操復活しました。

 

最近、調子がいいので、今までは夫や義母に

 

「やる気のないラジオ体操」と言われていたのが

 

「やる気がでたラジオ体操」になりました。

 

どっちも同じようにやってるつもりなんだけどね。

 

真面目にやると、結構体使うんだよね。

 

やりはじめて数日は、筋肉痛になったよーん。

 

 

ヨガ、ストレッチ、階段の上り下り、呼吸法、瞑想

 

 

なんでも、できることを続けるのが大切ですね。

 

 

自分の体は自分で整える。

 

 

 

*散歩もソーシャルディスタンシング実践中なり

 

自転車でちょっとのところにこんな場所があるのはありがたいね。

 

 

 

先日、久しぶりに連絡くださったここいらのお客様。

 

数年前に発症し、何回か電話でやりとりしていた

 

のですが、食べられなくなり痩せ細り、八方塞がりで

 

どうしたものかと頭を抱えながら話をしていた方です。

 

 

最近は、食べられるようになったこと、

 

まわりの人に理解して欲しいと思うのは諦めたこと

 

過敏症を受け入れて付き合っていこうと思ったこと

 

 

電話口の声も明るく落ち着いていました。

 

 

以前は、厳しいことも言ってしまったのですが

 

そのことも感謝してくださっていました。

 

 

その方の苦しみ、辛さはその方にしかわからず

 

いくら同じCSとはいえ、強く言いすぎて傷つけて

 

しまったかなぁと、気になっていた方でした。

 

感謝してくれるなんて、身に余るお言葉。

 

 

 

何よりも、これから先も波はくるだろうけれども、

 

今は落ち着いてCSと共に暮らしていく気持ちになったと

 

聞いたのが、本当に嬉しかったです。

 

 

 

自分が発症して助けてもらったコトやモノを、今

 

困っている人にお届けしたいとはじめた、ここいら。

 

 

店長はバイトしたり、その昔は避難したり、

 

サイトリニューアルに数年?かかったり、

 

商いと言えないようなゆるゆる営業なのですが、

 

ここいら、やっててよかったぁって、思いました。
 

 

 

コロナで気持ちが沈みがちな時に、その日は1日

 

嬉しくて、心が温かくホッコリしていました。

 

こちらこそ、ありがとうございます。

 

 

 

 

たくさんのCSさんからご連絡いただき、私の回復した

 

道のりを伝えると「そんなの無理」とその時は思われる

 

かもしれませんが、その時は無理でも、頭の片隅にでも

 

おいておいてもらえると嬉しいです。

 

 

お困りの方は、いつでもお電話ください。

 

ゆるゆる営業ゆえ、お電話に出れないこともありますが、

 

私にできること、お伝えできること、心をこめて対応

 

させていただきます。

 

 

いただいたメールの返信も、時間をかけてゆっくり返信したいと

 

思っているとついつい、埋もれてしまうこともありますが、

 

そのような時は催促してください。言い訳です、、、

 

 

しばらく会ってない海のむこうの友人、

 

同じ時代を濃く過ごした同級生、大切な人たちのことを

 

思い浮かべると、友人から連絡がくる、、

 

 

そんなシンクロに、さらに心温まるここ数日。

 

 

今世で、再会できるかどうかわからない

 

遠く離れた友人たち。だからこそ、

 

 

今、ここ、この瞬間を大切に、丁寧に暮らして生きたい。

 

 

外出自粛で、

 

イライラしがちな自分に改めて言ってあげたい。

 

 

喧嘩している時間なんてないんだよ。

 

 

原発事故の時に、田舎のお師匠さんに聞いた言葉です。

 

 

サイトリニューアルしますよーーー 乞うご期待

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CS:ありがとう comments(0) -
祈り

 

 

連日、心が痛くなるようなニュースばかりが続き

 

気持ちが沈んでいる方も多いかと思います。

 

今日はFBフレンドが貼り付けていたyoutubeが

 

とても感動したので、みなさんにシェアしますね。

 

 

フランス国立管弦楽団の方たちが遠隔演奏したボレロ。

 

 

一人一人の演奏者の姿と音色からは、言葉にならない

 

 

たくさんの「想い」と「祈り」を感じ

 

 

涙が止まりませんでした。

 

 

 

 

 

 

先月末から5Gがはじまり、コロナウィルスとの影響が

 

あるのではという情報もありますが、ほんとうのところは

 

わからないし、証明もされないでしょう。

 

 

でも、世の中の電磁波が強くなればなるほど、体の

 

負担はかかるんだろうということはわかります。

 

 

wifi をお家でオンにしている方、特にCSさんはどうか

 

 

寝る時だけでも、せめてコロナウィルスが

 

 

収束するまでの間だけでも、

 

 

wifi は切って下さい。

 

 

 

化学物質、電磁波、放射能、ウィルス、目に見えない

 

 

モノの体への影響。

 

 

 

私達は、安くて便利なものを得るために、何を犠牲に

 

しているのでしょう。

 

 

でも、その便利のおかげで、こうして心に響く音楽が

 

届いていることも。

 

 

 

すべてを否定しても解決しないのは、CSと同じだね。

 

 

 

先日は、スーパーの棚から食品やトイレットペーパーが

 

 

消えて大騒ぎになりましたね。

 

 

ホームセンターで働いている友人が、連日

 

 

お客さんから罵倒され、マスクやトイレットペーパーを

 

求めて店の裏までうろつかれたり、30枚入のマスクが

 

入荷しても、従業員には3枚入1個しかもらえないことを

 

聞いて、心がまた痛くなりました。

 

 

持病持ちなんだよーー

 

 

日頃からスタッフの体調を気遣ってくれる、マスクも

 

スタッフ優先で販売してくれるうちの店のシルクリネン

 

マスクを、友人に2個買ったら大喜びでした。

 

 

いやぁ、こういう時の対応で、いろいろが見えてくるね。

 

 

なんてったって、普段から wifi オフの店だしね。

 

 

そういうところで働くことができること、ありがたいなぁ。

 

 

 

 

*体調維持に欠かせない散歩は、人との距離をとって続けて

いますよ。

 

 

アルコール消毒もできない、免疫力が弱いCSさん

 

 

と、嘆いても文句言ってばかりじゃはじまらない。

 

 

自分の体は自分で守るしかない。

 

 

っということで、私が最近はじめたこと。

 

 

・1口、20回を意識してよく噛んで食べる

 

なかなかできなかったんだけど、ようやく始める

 

ことができて、1食に20分〜30分かけるように

 

なりました。

 

 

1時間から長い時は2時間かけて作ったご飯を、

 

わずか3分で食べ終わっちまう、

 

夫も実践しはじめてくれたっ!

 

 

ちゃっちゃと作れず、手が遅い私。

 

 

・毎日1時間の半身浴

 

結構、汗でるんだよね。

 

本は湿気るし、インクのニオイも出てくるので、

 

DLしたアメリカのドラマを見ています。

 

英語の勉強にもなって一石二鳥

 

 

・睡眠不足にならないようにすること

 

意識するとしないとでは、大違い。

 

多くのCSさんは、曝露した後寝て回復させています。

 

昔は12時間寝ても起きられないということが

 

よくあったなぁ、、

 

 

元気になったもんです。ありがたや。。

 

 

他にもやってることあるんだけども、これは

 

年単位で検証してから報告します。

 

 

何を大切にして、どう生きたいのか、

 

もう一度、自分に問い直しながら、

 

 

今の自分にできるベストを尽くし、

 

 

最善を祈ります。

 

 

 

 

 

日々思うこと comments(0) -
通じるもの

 

コロナウィルスの収束がみえない中、免疫力の弱い

 

CSさんたちの不安や心配がひしひしと伝わってきます。

 

私もその中のひとり。

 

 

電車やビルは、(多分)次亜塩素酸で消毒されて、

 

手指消毒で、アルコールや除菌グッズのオンパレード。

 

病院だって具合悪くなるからできれば行きたくない。

 

 

体調を優先して、2月の患者会は不参加にしました。

 

ちょうど2月はハードで疲れていたので、どうしようか前日まで

 

悩んでいたのですが、スタッフだからといって、休んじゃいけない

 

ってことはないのよ、と代表の言葉にホッとし、無理しないことに。

 

個人の違いを尊重できる場つくりっていいなぁ。

 

 

3月は休会です。

 

 

とはいえ、お店は車通勤にしてはいるけれど

 

シフト通りに出ています。

 

 

お店に出て、エコマーケットの人たちと話しながら、

 

 

原発の時は水や食べ物も心配だったよね、

 

 

とあの頃を思い出し。

 

 

過敏症は次亜塩素酸で具合悪くなるということを伝えたり

 

似たような温度の人たちと会話して、言葉にすることで

 

少しずつ自分の中の不安やパニック感を拭っています。

 

 

 

原発の時のように、

 

今回も過敏症と通じるところがあります。

 

 

 

○ 外出時は放射能、ウィルス、化学物質から守るために

 

マスクの着用

 

 

○ 帰宅後は放射能、ウィルス、化学物質を落とすために

 

手洗い、シャワー。

 

 

○ 免疫力をつけて、自分の体を整えること。

 

○ 人によって温度差があり、正解がわからないこと。

 

 

原発、コロナウィルス、化学物質過敏症

 

 

いろいろな共通点がある中で

 

 

何よりも

 

 

見えないモノへの不安と恐怖、

 

命の危機感

 

 

大きいのだと思います。

 

 

 

そして今まで、自分がどれだけ

 

自分や地球を大切にしていなかったか。

 

安くて便利なものに安易に飛びついて

 

体の声を無視し続けていたか。

 

 

過敏症を発症して自分の体が痛い目にあってはじめて

 

気が付いたことがたくさん。

 

 


 

 

 

これは、堆肥作りに参加した時の写真

 

いやぁ、菌の力ってすごいね。

 

 

 

 

 

堆肥のニオイがつくというので、一人だけこーんな

 

重装備で参加したものの、田舎でよく臭ってくるあ

 

ニオイはまったくなくて、ホカホカでした。

 

 

だって、田舎の牛舎の近くを通ると臭うあれだったら

 

具合悪くはならないけれど、不快にはなりそうだからね。

 

 

腐敗と発酵の違いなのかな?

 

 

 

そして翌日のお通じのよさにびっくり!

 

 

 

通じるわぁぁー

 

 

 

 

 

 

 

菌浴の後の、日光浴と、花見。

 

 

どんな時も、花は咲いてくれるなぁ。

 

 

災害や疫病、自然界で起きていること。

 

人間は、自然をコントロールしようとして

 

痛い目にあうのかもしれないね。

 

 

 

 

 

 

 

一昨年、畑で余った苗をプランターに植えて、

 

そのまま家の前の陽の当たらないところに放置され、

 

枯れてしまったと思ったスティックセニョール。

 

 

なんとなんと、こーんな形でヒョロヒョロ出てきて、

 

 

花を咲かせ。

 

 

去年、1回 摘んだら、2ヶ月後にこんなに育ちました。

 

 

土も肥料も水も、太陽さえも、与えてない子なのに。

 

 

自然ってすごいね。

 

 

 

「この宇宙からしたら、○○はチリにもならん」

 

○○は、当時私が悩んでいたこと。

 

 

チリにもならないけれど、恥ずかしいので伏せといた

 

 

311の地震の時に余命宣告うけた、亡き父からの

 

最後の手紙を、私は免許証と一緒に持ち歩いています。

 

 

コロナウィルスは、父が命をかけて最後に教えてくれた、

 

 

人がいつか死ぬということ

 

 

を、まるでなかったことのように生きている私への

 

警告のようにも感じ、日々の生活に流されて大切な

 

ものを見失ってないか、生き方をもう一度考える

 

きっかけになりました。

 

 

 

マスク、トイレットペーパー、食品が売り切れになる

 

人々の不安とパニック、都市の生活。

 

 

ネットの情報に、流されないようにと思う反面、

 

今回多くのFBフレンドからのシェアや投稿にも励まされたよ。

 

ここいらのお客さんから、ブログみて勇気づけられたと

 

嬉しい言葉をもらいます。

 

私もこうして、勇気づけられているんだなぁ。

 

 

 

先は見えないけれど、不安な時間はそろそろおしまい。

 

 

過敏症の時と同じ、適切な対応をしたら後は

 

 

 

たくさん笑って、お日様あびて

 

免疫力つけるぞーっ

 

原発・放射能 comments(0) -
マイノリティ

 

最近では

 

「私、化学物質過敏症なんです」と言っても

 

知らない人が少なくなってきて、

 

 

世の中の人たちに認知されてきたCS

 

 

知り合った子のお母さんがCSだったとか

 

店でも何人ものCSさんとも出会いました。

 

 

だけど、まだまだマイノリティ。

 

 

CSになって自分が痛い思いをして、

 

 

今までより深く考えるようになった

 

(考えさせられるようになったともいいますね)

 

 

地球環境、311の原発事故、政治のこと。

 

 

FBフレンドや、職場、過敏症の集まりでは

 

 

同じような意見の人がたくさんいるんだけども、

 

 

私のいる場所は、マジョリティではなくマイノリティ

 

 

なんだなぁと、思うことがしばしばあります。

 

 

CSという人間関係にも影響しちゃう病気。

 

 

発症したら、

 

 

強制的に使えなくなる日用品、働きたくても働けなくなり

 

 

場所や交通手段によっては行きたくても行けなくなる。

 

 

 

そんなマイノリティの中で、同じように苦しんでいる

 

 

CSさんが少しでも安心できる場を作りたい、

 

 

暮らしの工夫の情報交換をしながら、思いを共有したいと

 

 

はじまったCS憩いの仲間。

 

 

そして、今よりも症状が辛かった時に外出すると服につく

 

香料系のニオイがどうしても落ちなくて、

 

毎日アライグマのように手を変え品を変え洗い続け

 

ようやくたどり着いた竹の湧泉や暮らしの日用品を、

 

 

今 苦しんでいるCSさんたちに届けたく

 

ここいらを立ち上げました。

 

 

憩いの仲間、ここいら、お店、そしてネットでのつながり

 

多くの方とのご縁があり、

 

100人を超えるCSさんと実際に会ってきました。

 

 

この間ね、ふと思ったのです。

 

 

あれ、私 世の中ではマイノリティだと騒いでいるけれど

 

CSの中では、立派な多数派マジョリティだよな。

 

 

反応するもの、症状、回復方法どれをみてもCSの王道

 

まっしぐらじゃ あーりませんか。

 

 

あーりませんかの発音は、正しく伝えたいので直接聞いて下さい。(?)

 

 

CSが落ち着いたら、ESになったっていうセオリー

 

どうりときたもんだ。

 

 

元気な人も、寝る時には wifi 切りましょうねー

 

 

 

CSは反応するもの、症状は本当に多岐にわたり、

 

個人差の大きい病気。

 

 

と、いつも声たかだかにどや顔で言っているけれど、

 

 

どや顔は脚色ですよーーっ

 

 

自分と違う症状のCSさん、自分と違うものに反応する

 

CSさんに、私は自分が言われたこと、同じ思いを

 

無意識のうちにさせてなかったか、考えてみました。

 

 

黒   世の中のマジョリティ   

緑  CSのマジョリティ

 

 

「ええーこんないいニオイの柔軟剤で具合悪くなるの?」

 

「ええー○○に反応するの? ありえないわぁ」

 

反応するものは人それぞれなんですってば

 

 

「何も匂わないよ、考えすぎだよ」

 

「それはCSじゃないよねー」

 

医者でもないのに人の病気を断定するなんて、これ絶対禁句ですよね。

 

 

私を含め多くのCSマジョリティがはからずともそう思い、CS

マイノリティを傷つけた言葉だと思います。

 

本人にむかって言ったことはないけれど、それってCSなの?と

思ったことはあります。ごめんなさい、、

 

 

 

「そんなんじゃ食べるものないじゃない」

 

「そんなんじゃ回復するわけないじゃない」

 

自分ができたって、人にはできないことあるんじゃない?

 

お手当の方法だって、おかれている環境だって人

それぞれなんだよ。

 

 

「暮らしていけないよ」

 

「社会復帰できないよ」

 

 

だから、苦しんでるんじゃないの!

 

 

 

 

2歳の子供、自分、親と3代で癌になり今も

 

闘病を続けている人が

 

 

「なってみなければわからないよ」

 

と言った言葉が心に残り。

 

 

その方のプンプンな柔軟剤で私は具合が悪くなって

 

しまうわけなんだけども、ただうなずいていた、私。

 

 

 

そう、

 

 

なってみなければわからないんだよね。

 

 

CSだけでなく、別の病気を併発していたら、

 

それはもう人の数だけ違うということ。

 

 

でもね

 

相手のことを理解できなくても、

 

 

尊重することはできるはず。

 

 

 

今までの、心ない言葉や思いを反省しつつ、

 

 

違いを否定しないで受け入れることを意識する

 

ことを新年のリゾルーションに。

 

 

ここいらは、できるかぎり、それぞれのCSさんに

 

寄り添いたいと思います。

 

 

 

なので、なにかおイタをしたら、どの口が言ってるんだと

 

お尻ペンペンしてください。

 

 

ちょっとちょっと、マイノリティとかリゾルーションとか、

 

聞きかじった横文字多くないか? 

 

 

しかも、レゾルーションですぞ。 間違ってますよーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

義姉から送ってもらった牡蠣で牡蠣ご飯をはじめて作ってみたよ。

 

生で殻をむくのが大変で、美味しくなかったら二度と作らないと

 

思ったんだけども、来年も作る気満々、美味しかったーー 

 

もらう気も満々です。(どこまで強欲なんだか)

 

 

亜鉛もたっぷりだしね。

 

 

CSさんは亜鉛不足の人多いらしいですよん。

 

亜鉛不足は、免疫力落ちまっせーー

 

 

 

 

CS:考え方 comments(0) -
2020年はじまりました

 

あけましておめでとうございます。

今年は暖かいお正月でしたね。

 

昨年に引き続きお節のバトンタッチ修行も順調に

終わり、難関だったごまめが美味しくできて上機嫌。

 

 

今年も年神様とお客様をお迎えすることができました。

 

お正月にクリスマスメニューはしないぞの会、会長就任できたかな。

 

 

 

 

回復してきているから油断したのか、一昨年から続く

新築工事の蓄積なのかわからないけれども、今年の

年神様とお客様の香料が強烈だったこともあり、

久しぶりにヘロヘロしたまま回復できずにブログ更新

する気力なく、、

 

まつがとれてしまうーーー

 

反応したものの原因探しは、無駄なのでやめるが勝ち。

ですぞ。

 

 

年神様、来年は無香料でお願いしますよー

 

自分の友人や実家には柔軟剤を辞めて欲しいこと、代わりの洗剤を

使ってもらうようお願いして変えてもらっていますが、家に来る夫の

親戚や甥たちには、柔軟剤を辞めてくれとは言いません。

 

発症したての頃、義妹にお願いしたことあるんだけど、お願いの

仕方が悪く、一度お正月に来なかったことがあり、義母の寂しそうな

顔が忘れられず、今も反省しているふりをしているのです。

 

ちょっ、、 ちゃんと反省していますったら。

 

 

とはいえお泊まりコースの甥たちは、着替えてくれるので助かって

います。

 

 

今回ちょっと思うところあって、

夫の従姉妹に、ある日突然化学物質過敏症という冊子をあげました。

 

この冊子は過敏症がどんなものか、何に反応して苦しくなるのか、

柔らかい猫っぽいキャラの漫画形式になっていて、わかりやすいので

まわりにうまく伝えられないCSさんにお勧めです。

 

今は売り切れ中のようですが、2月に再版予定とありました。

 

何も言わずに渡しただけなので、次回来る時になにかしらの話題

になったらいいなぁと期待をこめて。でも、押しつけず。。

 

強烈な柔軟剤の体への影響は過敏症だけじゃないんだよね。

 

 

そんなお正月でしたが、たまには辛い思いしないと、

CSさんの辛さを忘れて、寄り添えないからちょうど

いいのかもと思いながら、お手当に励んでいます。

 

 

半身浴、ビタミンC、タチオン、グロンサン(今回これ効いたかもー)

 

起きれなくても、えいっと起きて歩いたりね。

(これは若くして旅立ったCS仲間のお嬢さんからの教えです)

 

そして、明日は待ちに待った指圧の日。

 

今月もうちょっと増やそう。

 

 

 

 

 

 

改装後1年経った店は、今年は福袋も充実です。

袋もスタッフの手作り。

 

明日までなので、気になる方はぜひいらして

くださいね。

 

私は10日スタートで、明日はいませんが、

10日から3日間は振る舞いがありますよ。

 

 

お正月は年末のお節作りからの柔軟剤三昧でぐったり

なので、私は例年ゆっくりスタートにさせてもらっています。

 

連続勤務はNGとか、夏は溶けるから1ヶ月に3日だけとか

wifiなしとか、体調悪いと代わってもらったり、などなど

オーナー、スタッフ、エコマーケットのみなさんに協力して

もらっているおかげで、今年で勤続7年目突入です。

 

溶けるって何よ。。そんなこと言ったらクビだよクビ

 

 

本当にありがたいです。

 

 

 

 

ありがたいといったら、仏様用のミニセットを

くれた友人と、もう一人の30年来の友。

 

彼女たちの支えなしで、今の私はありません。

 

 

そのうち友達自慢ブログを書こうか脳内更新中。

 

 

そして、CS憩いの仲間のスタッフと仲間たち。

 

ここいらで繋がっているCSさんたち。

 

 

二日酔い(化学物質の)でヘロヘロの私になにひとつ文句言わずに、

寝かせてくれて、今日からあらたな新築(まだあるのよ、奥さん!)

シロアリ防蟻のため雨戸と目張りの暗闇カフェにも耐えて、一番

支えてくれる家族に。

 

 

みんなの無病息災を祈りつつ、1年過ごして参ります。

 

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

最後はキレイにまとめた風かっ

 

 

 

 

プライベートなこと comments(0) -
たくさんのありがとう!

前回、近々のお知らせになってしまった、

 

みんなのアレルギーエキスポ、

 

大盛況で終了しました。

 

憩いの仲間の参加者さんたちが入れ替わり

 

立ち替わりお手伝いに来て下さり、憩いの仲間ブース

 

は大賑わいでした。

 

毎年決まった時間に来て下さるここいら応援隊長、

 

遠くから来てくれた方、体調悪い中来てくれた方、

 

前日深夜まで準備で大忙しのスタッフ、主催の方々

 

出店者の方々、今年もお疲れさまでした。

 

そして、

 

来場者のみなさま、

 

ありがとうございました!

 

 

ホウ酸系の防蟻剤といったら、先日憩いの日にお話を

 

してくださった、この方

 

ボロンdeガードの社長さんもいらしてくださいましたよ。

 

お勧めのシロアリ防蟻剤、No1は    ボロンdeガード

 

 

 


 

 

 

そして、今年もマグちゃんを買いに来てくれた

てっちゃん、もといたくちゃん。

 

(名前間違えたーっ)

 

憩いスタッフに

 

「一昨年、去年と来てくれた方来るかしらね」

 

聞かれ

 

「うぉーっ去年ラインつながったのに、

 

連絡してないっーーっ」

 

と相変わらずの、商売不熱心、連絡不足すぎる

自分に落ち込んでいたところに、

 

てっちゃん、もといたくちゃん現る!

 

(わざと、名前間違えたーっ)

 

 

今年もしばし過敏症やアトピー話に花を咲かせ

 

 

嬉しくて写真撮っちゃいました。

 

たくちゃん、ありがとう!

 

また来年も待ってるね。

 

 

 

 

 

写真は撮らなかったけれども、去年は

 

発症したてでフラフラ不安げだったCSさんは

 

 

ノーマスクで、元気そうな姿で来場。

 

 

復職できるかもしれないと嬉しい報告

 

 

マグちゃんのおかわりを購入。

 

 

 

体調優れない中、

 

駆けつけてくれた旧知のCS仲間。

 

今年も会えてよかったです。

 

 

体調上向きますように、、

 

 

たまたま電話相談を受けた方がお母さまと来場。

 

 

先日、憩いの仲間に参加したばかりの方、

 

 

普段は遠くて来れない方、などなどたくさんの方が、

 

 

憩いの仲間、ここいらブースを目指して来て下さり、

 

 

嬉しく、心温まる2日間でした。

 

 

 

バタバタとして、至らないところもありましたが、

 

全てのみなさまに心より感謝します。

 

 

また今年は来れなかった方も、

 

 

来年待ってますよ〜

 

 

そしてようやく完成した、

 

 

憩いの仲間のリーフレット

 

 

 

 

 

 

今年はリーフレット作成に力を入れたため、

 

他のスタッフにしわ寄せがぁ。。

 

でも、そのおかげ?で、

 

発症したての、右も左もわからず困っている

 

CSさんたちに、ちょっとだけ早くCSになって

 

回復への道のりを歩いている私達が伝えたい

 

 

大切なことを、まとめることができました。

 

 

これは、CSさんにむけたリーフレットです。

 

 

「かわいいー」

 

 

と言われ有頂天になっている私ですが

 

 

次回お会いした時に、感想ずばずばと言って

 

ください〜

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、9月はプライベートのゴタゴタと畑ロス

 

落ち込みモードだったのだけど、

 

 

そんな私に 救世主 が〜

 

 

国立で畑とたんぼをしている、

 

 

農楽暮楽(のらくら) の若いメンバーたちの中に

 

 

入れてもらうことに。

 

 

土や植物に触れられる!!   ありがたや〜

 

 

 

 

 

今年は諦めていた、野沢菜も種蒔いてきたよー

 

プランターにも、ブロッコリーとキャベツを

 

植えたんだけど、陽が当たらず全然育たないので

 

プランター諦めモード 。

 

 

ベランダでやらないとダメかなぁーなんて思って

 

いたら、なんとなんと、11月中旬からまたまた

 

隣で解体、新築のお知らせがきたもんだ。

 

 

 

ベランダでプランター計画、終了! チーンッ

 

 

 

続きますなぁ。

 

 

はじめての工事だったり、体調が悪いと、

 

不安も募るばかりだけれども、

 

 

26軒(+9軒) の大規模工事で自信をつけた私。

 

 

体調落ちた時のお手当の引出を増やし、

 

 

自分の体を整えることを

 

日頃から最優先して暮らしていること、

 

 

そして感謝の気持ちを忘れないことで、

 

 

今回も乗り切りますよー

 

 

あ、ここのくだりは、

 

夫や周りの人たちには見せられない。

 

どの口が言ってるんだと夫に言われるに違いない。

 

 

家族、友人、職場、

 

どれだけの人が私の体調のために協力

 

してくれていることか。

 

 

本当に、ありがたいです。

 

 

8月なんて暑いからって店番3日しか入らず、

 

 

連続勤務はNGとか

 

 

wifi はダメとか言いたい放題。

 

 

みんなだって暑いよね。

 

 

知る人は知っている、

 

ほんとに暑かった今年の店。

 

 

 

そんな私ですが、先日CS仲間から、

 

どんな私?

 

 

防蟻剤マスター の称号もらいました(笑)

 

 

 

ホウ酸系の防蟻剤いろいろあります。

 

 

近隣の工事でも諦めずに、まずは提案して

 

 

みてください。

 

 

詳細はDMでおたずね下さいね。

 

 

 

9月に勃発したプライベートのゴタゴタも、

 

 

今日嬉しい知らせが。

 

 

普段、何も考えてないフリしているけれど、

 

今回はかなりのパンチだったので、落ち着いて

 

 

本当に、よかった。。

 

 

 

10月の小パンチも昨日解消。

 

 

胸のつかえがとれたとはこのことだなぁ。

 

 

そんな私のブルー話を聞いてくれた方、

 

ありがとうございます。

 

 

会う前に、、会ってからまた詳しくーー

 

 

 

 

人生、大波小波、山あり谷ありですね。

 

 

 

発症したてで、体調くずして、お先真っ暗で

 

不安を抱えているCSさんたちへ

 

 

 

人生の波のように、体調にも波があります。

 

 

 

自分の体のお手当を少しずつでも

 

続けることで体調は上向いてきますから、

 

 

どうか希望を捨てないで下さい。
 

 

 

私にとっての一番のお手当方法は、

 

 

お金は一切かからず、タダ。

 

 

ただただ、歩くことです。

 

 

 

最近、体調悪いなぁって人、

 

 

お散歩おさぼりしてませんか?

 

 

 

 

さぁ、胸のつかえもとれたし、年末にむけて

 

 

新しいお知らせができるように、

 

 

軽やかに歩いて行きますよーん 

 

 

 

一緒に歩きましょう〜

 

 

 

 

 

 

 

CS:ありがとう comments(0) trackbacks(0)
アレルギーエキスポ2019出店します

台風の被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。

 

各地で被害が大きくなっていくにつれ、いたたまれなく

なります。

 

ここいらのお客様も心配な地域にいる方たちもいます。

被災してお困りのCSさんがいましたら、ご一報下さい。

 

具体的に何ができるのか、何が必要なのか、ここいらに

できることをさせていただきます。

 

きえーるのメーカー、ダイゼンさんは、東日本大震災や

熊本地震の際に、日本赤十字社に寄贈して仮設トイレや

排水、生ゴミの消臭に大活躍したそうです。

 

浸水された方たちにはきえーるがいいかな。

絶対消毒するから、それもつらいだろうなぁと思いながら

浸水被害のあった隣の市の消毒液の配布情報を見ています。

 

町が分断された、丸森町の筆甫地区に住んでいる友人が

いるので、心配で連絡したら

 

「家は大丈夫で、ライフラインは止まっているけれど、

水は山の水があるし、風呂はまき風呂。道が寸断されて

いるから仕事が休みなので、稲刈りの手伝いに行ってきた。

今は、彼氏が外で湯たんぽのお湯を沸かしてくれている」

 

という、なんともたくましい返事が。

 

台風の夜は、ウクレレひいて過ごしていたと、こころの

ケアもしているあたり。さすがだな。

 

 

無事でよかったよーー彼女は東日本大震災でも職場が浸水被害にあって、

涙なしではその話は聞けないのです。。

 

 

日頃から自然に寄り添い、小さく暮らしている友人。

 

 

生きる力って、これだよなぁ。。。

 

 

 

 

化学物質過敏症は災害弱者です。

 

発症から12年、今は回復している私だって、避難所や

住宅浸水の際の消毒は二の足踏んでしまうはず。

 

 

発症したての方や、交通機関に乗れない方のことを

考えると、、

 

 

温暖化、マイクロプラスティック。

 

 

過敏症はエコと思いきや、アザラシのように1度着た

ものは必ず洗濯をして、ビニールを多用するなど、矛盾

していることもあります。

 

だけども、ひとりひとりが、できることをやらないと!

 

 

日頃の備えだけでよいのか、その備えさえも足りないと

再認識させられた今回の台風でした。

 

この先の雨で、広範囲にわたる被害が、これ以上拡大

しないよう祈るばかりです。

 

直前のお知らせになりましたが、明日、29日(火)と

明後日30日(水)は5年目となったみんなのアレルギー

エキスポが開催されます。

 

ここいらも出店します。

 

きえーると竹の湧泉のサンプルもありますので、是非

いらしてくださいね。

 

お知らせ comments(0) trackbacks(0)
| 1/16 | >>