ここいらとは長野の方言で「このあたり」という意味です。
「自分の足元を大切に」暮らしていきたい思いをこめました。
化学物質過敏症になって気づいたこと、学んだこと、
回復への道のりや日々の暮らしをのんびりゆる〜く綴っています。
できるをインプット

 

最近は、ここいらブログをみているというお声を

 

よく聞くようになり

 

「ありがとうございます!がんばって更新します!」

 

 

なーんて調子のいいことほざいていた私ですが、

 

気が付くと1ヶ月以上更新してなかったという。。

 

 

いつものことと思ったそこのあなた、ここいら上級者ですね。

 

 

 

GW は何をして過ごしていましたか?

 

 

私は、4月中旬から怒濤の日々を送っていまして。

 

 

代々木公園のアースデーと結構連続なお店番

 

アースデーは久しぶりに会えた人、お店で会った人が

偶然目の前の出店者だったりと、いろいろな出会いが。

 

 

そして嬉しいことに、終わった後の交流会にも

はじめて参加できました。

 

外で大人数の食事や、飲みは、体に負担かかるからね。

 

ましてや翌日はお店番となったら、そらーもう家に直行直帰

だった、今までの私。

 

 

 

 

 

 

 

その後は、仕事で大阪に。

 

大阪まで一人で運転は厳しいので、いろいろ悩んだ末

CS発症後はじめて飛行機に乗りました。

 

 

 

 

 

飛行機は乗ったら途中下車ができないから、

 

「やっぱり降りる!」って訳にはいかず、

 

「ちょいと失礼しますよ」と、窓も開けられない。

 

 

途中下車という事態になったほうが恐ろしい。

 

 

機内の空気、電磁波のことなど心配もあったけれど、

CS大先輩のお宅にお泊まりさせてもらえるという

安心感もあり。

 

CS大先輩に何から何までお世話になり、体に負担

なく行くことができました。

 

 

 

実は、飛行機恐怖症だった私。  過去形にできた!

 

 

以前の私なら、海外や沖縄以外は絶対新幹線か

車で行く!! と言いはっていたのだけど、そこも

クリアできました。

 

 

「できた」  を 脳にインプット

 

で・き・た 〜

 

 

やれば出来る子よ! ハードル低くても、いいんです。

 

できたこと、めいっぱい褒めてあげました。

 

 

自分は自分しか労えないものね。

 

 

そして、GWは友人の運転手兼ねて久しぶりに

長野に帰省。

 

友人は元ダウラー、今は私が一緒にいても大丈夫な

洗剤に変えてくれているので、また行き来することが

できるようになりました。

 

できた!!     喜びと感謝

 

久しぶりの田舎のお師匠さんのお宅で、心身

ともに毒だししてきました。

 

 

 

 

 

CS発症した後、「ダメ」を増やしてどんどん悪化

していき、自宅にいられなくなり、田舎に避難した

ものの、1泊したら具合が悪くなり急遽転がり込んだ

のが、お師匠さんの家。

 

「家にこもって、歩かないで、そんな大きな車乗って

ガソリン散々ふりまいて、自家中毒じゃないの」

 

 

「歩きなさい!」

 

 

と、翌日山に連れて行かれて、歩くことの気持ちよさ

とCS回復のきっかけを教えてくれたお師匠さん。

 

回復して、仕事もできるようになり調子にのってきた

にES発症。

 

またまた転がり込んだ時に

 

「歩いてなかったね。

 

今度具合悪くなって来たら追い返してやる」

 

 

と言われ、そこからようやく歩くことが私の暮らしの

 

ルーティーンに。

 

 

あれから、10年以上経ってすっかり元気になった姿を

 

 

喜んでくれるお師匠さん。

 

 

久しぶりにお師匠さんと語らい、いつもの命の道を

 

教えてもらい、やりたいことができた充実した帰省

 

でした。

 

 

もちろん、毎日の散歩も気持ちよかったです。

 

 

とゆうわけで、すっかり時差ぼけ状態です。

 

 

 

だからって、仕事遅れている言い訳にしようという

 

魂胆は通用しませんぜーーー

 

 

ぇーっと、  少しずつエンジンかけていきます。

 

 

 

ここも「できる」をインプット

 

して欲しいところだね!

 

 

 

* 新築工事状況

 

全国のCSのみなさま、気になる26棟新築工事情報

のお時間がやってまいりました。

 

シロアリ全棟終了、あとは塗装で6月下旬には終了

する予定です。

 

日々の散歩と指圧、GWの毒だし効果もあり、体調

悪化しないでやり過ごせそうです。

 

あと1ヶ月!!!  できるぞーーー

 

 

 

 

CS:ありがとう comments(0) trackbacks(0)
やまのいえ

 

 

やまのいえ

 

 

それは、私がいつか持ちたい夢と理想の家です。

 

 

そこには、合成洗剤や柔軟剤はありません。

 

 

洗濯は、竹の湧泉とマグちゃん、ねば塾の

 

石けんがあるだけ。

 

お掃除には、ねば塾の重曹とクエン酸、

 

酸素系漂白剤を必要最小限だけ使います。

 

wifi は繋がらず、ネットは有線です。

 

 

生ゴミや、トイレの臭い消しにはきえーる。

 

液体消臭剤は、竹の湧泉。

 

お外のニオイがついたら、シュッシュッとして

 

スッキリ。

 

水は山から汲んできて、庭には農薬と化学肥料を

 

使わないで育てた野菜やハーブや花が咲いています。

 

枇杷、梅、柿、桑の実、ブルーベリー、栗 など

 

様々な実のなる木があって、梅干し、干し柿、

 

大地の恵みを、ひとつひとつ丁寧に作ります。

 

 

 

 

 

 

やまのいえは、たったひとつのルールを守って

 

くれたら、誰でも利用できます。

 

 

 

人や地球に優しくないものは

 

使わないこと

 

 

 

CSさんは、

 

人やモノのせいにしないで、自分で

 

回復するという意思 があり、

 

自分の力でやまのいえに来ることができる人。

 

 

いくらでも、好きなだけいられます。

 

お泊まり代は、ドネーション制。

 

 

払える人には支えてもらい、厳しい人は一緒に作業を

 

してくれたらうれしい。

 

光熱費程度のお気持ちだけでも構いません。

 

 

移住はできないから、誰か若い人に無料で住んでもらい

 

家に風を入れてもらう。

 

 

 

何年も前から思い描いている、過敏症でも泊まれる

 

家を作ること。

 

 

ケミカルフリーな場所はいろいろあるんだけども、wifi 繋がっている

 

ところが多いんだよね。

 

 

 

実際に、長野の空き家を何軒も見に行きましたが、

 

 

まだその時ではなく・・

 

 

チクチク手仕事や、お味噌やお醤油造り、糸紡ぎ、、

 

手と体を使って自分たちで作れるものは、自分で造る。

 

 

毎日体を動かして、歩いて、体を回復させていく。

 

 

過敏症は、近隣の工事や外の影響で、安全なはずの

 

自分の家にいられなくなる病気です。

 

 

そんな時に、安心していられる場を作りたいのです。

 

 

 

 

 

*畑のブルーベリー   今年新たに6苗植えました。

 

 

こんなに人のせいにしたり、人を責める病気って

 

他にあるかしらと

 

最近、ふと思いました。

 

 

あんたのせいで、盲腸になった!」

 

なーんて思わないよね。

 

 

でも、過敏症になると

 

 

まわりが何気なく使う日用品で具合悪くなる

 

もんだから、来客がいいニオイ(*)だったりしたら

 

ついつい、来客を責めてしまう。

 

 

「暴露して具合悪くなったのは、あんたが使っている

 

柔軟剤のせい!」

 

 

まったくもってそのとうりで、そうなんだけどね。

 

 

その時に、来客を責めないでただ黙って回復のための

 

お手当をするか、

 

文句タラタラ言いながらぶっ倒れているだけか

 

どう思うかが、回復への分かれ道のような気がします。

 


*「臭い」ニオイを感じた時に「臭い」と言うことで一緒にいる

夫や友人は臭くないのに、夫や友人が臭いと言われたような感覚になり、

相手を不快にさせることに気が付きました。そして、「臭い」という

言霊が脳にネガティブな気持ちをインプットしてしまうので、私は臭いと

言うかわりに「いいニオイ」と表現しています。

 

説明ながいぞーー

 

 

やまのいえを実現するにはたくさんの壁があり、

 

妥協との戦いになりそうです。

 

 

全てのCSさんが泊まれるかどうかは、わかりません。

 

 

そう遠くない将来、できれば故郷の長野にやまのいえを

 

 

作ることが、私の今の一番の目標です。

 

 

 

この日記を読んで、

 

 

やまのいえに共感を持って下さった方、関わって下さる方

 

 

資金、空き家、人の手、同じ思い、発想やアイディア、

 

 

なんでもあなたが持っているものを共有してくれる方、

 

 

 

いつでもずーーっと、絶賛募集中ですよーーーん。

 

 

一緒にやまのいえを作りませんか。

 

 

 

たまには、工事の話以外のことも綴ってみたよ。

 

 

 

 

 

日々思うこと comments(1) trackbacks(0)
気持ちの持ちよう*心の移り変わりその1

 

過敏症は気のせいではないですが、

気の持ちようで回復のスピードが変わります。

 

今苦しんでいるCSさんからみたら、そんなこと

無理って思うかもしれませんが、少なくても私は

そうだったし、多くのCS仲間もそう言っています。

 

 

今はそう思えなくても、いつかきっとそう感じることができるから

どうか希望を捨てないでください。

 

 

なーんて、言いながら一昨日店で体調悪くなり、ヒーヒー

言いながらいつもより早くに閉めて、昨日1日ぶっ倒れて

いた私。

 

電磁波浴びすぎかな、ちょっと無理しすぎたようです。

 

そして裏の新築工事が着々と自宅真裏に建ちはじめ

目張りをしているとはいえ、少ーしずつ、空気感が

悪くなっているのかもしれません。

 

 

お散歩さぼったり、生活時間が狂ったり、体を動かしてなかったり

体調が崩れる時は必ず自分にも思い当たる節があり、ひとつの原因だけで

ないことはわかっているので、

 

「かも」という表現にして決めつけないようにしています。

 

ちょうど大規模工事真っ最中ということで、しばらくは

「ここいら店長のCS的気持ちの移り変わり」

シリーズを綴っていきますね。

 

 

 

 

1年前の、寝室からみた景色。


1年前の今頃はまだ林が残っていました。

切られるとわかって残り少ない日々を木々立ちに

「今までありがとう」と、声をかけていました。

 

もみの木ベット、気持ちいいです♪

 

木を迷っているなら、VOCが一番少ないもみの木

お勧めです。

 

 

こんなに恵まれた家に住んでいることがありがたい。

 

そう思えるようになったのは、CSが回復してしばらく

経ってからのこと。

 

それまでは香料臭を探しては文句ばかり、都会の空気に

耐えられず、気持ちは田舎にむいていました。

 

「あって当たり前」で、しまいには6月の花咲く頃には、

「栗の花が臭くてやってられん!」と文句たらたら。
 

 

確かに栗の花ってすごいんだけどねー

回復していくと共にそれも楽になってきたことを実感できて

よかったです。

 

自然が教えてくれたんだねぇ。

 

 

そして、栗も、百日紅も、椿もすべて切られ。

 

1日だけ窓からみていたんだけど、木を切られる度に

胸が痛かった。。

 

そうして、お婆さんの家が壊され、木が切られていくのを

日々見ながら、少しずつ、私ひとりの思いや力では、

 

どうにも

 

「変えられないこと」を受け入れる準備

 

 

をしていきます。

 

 

と、反対側のお家のお爺さんが施設に入ったまま戻らず

売りに出されることに!!

 

後日談ですが、売ったその日にお爺さんが息を引き取ったそうです。

 

この界隈では変わりものだったお爺さん。夫と義母だけが仲良くして

いたのですが、晩年は認知症が入り、おしっこのニオイつけながら

「携帯のかけ方がわからない」などど時折家にも来ていました。

 

義母は「味噌汁をつくってくれ」と頼まれ、汚くなった家に入り

世話を焼き、昔ながらのご近所付き合いをしていました。

 

施設に入ってから家を壊すまでの2年くらいは、庭先にところ狭しと

あったイチジク、梅、柿、ぶどう、をふんだんにいただきました。

 

農薬も使われてなく、どれも美味しかったです。

 

 

↓  オレンジが我が家、緑が売りに出された家。

右側が26軒の新築工事部分。

 

 

 

 

 

新築工事両ばさみ!!!

 

そして、空き家も建て替えという声が!

 

 

 

(心の声) イヤーちょっと待ってよ。

 

そりゃーないぜっ、ふ〜じこちゃ〜〜ん

 

いつやるの? 今なの? 教えてトライの林先生

 

 

あれ?ハイジと混ざってるね  TV見てない人すみません。

 

 

 

(心の声) 絶対!! 無理。乗り越えられない。

 

ありえないでしょ。大規模工事だけでも大変なのに。

 


 

ブログじゃぁ

 

「過敏度上がっても下げればいいだけ」

 

なんて言ってるけれど、こればっかりは無理。

 

せっかく回復したのに、再発したらどうするっ

 

トンズラするしかないわっ

 

 

いや、もう絶対、逃げるしかない。無理げーー

 

 

と、逃げ場を探しまくりました。 逃げ場探し編もそのうち・・・

 

 

なーんて、心の叫びは届かず、確実に工事はやってきます。

 

幸いなことに、他のCS仲間から業者さんとのやりとり

方法を教えてもらい、施工業者さんの評判がCS的には

まずまずだったので助かりました。

 

業者さんとのやりとり 

 

これも長くなるので今回はざっくりと。

説明は後日ブログにまとめて書きますね。

 

◎ 施工業者に電話、監督さんと連絡とりたいと伝える。

 

◎ 工事現場監督さんと会って話す。(家まで来てくれます。)

 

◎ CSのことを伝える。自分の体の都合で目張りや換気扇

など回さないようにしたいので、施工日や時間を教えて

もらえるようお願いする。

 

◎ なにが影響あるかを伝え、そこに何を使うか聞く。

(私は、土台の剥離剤、シロアリ防蟻剤、防水工事、塗装)

 

◎代替品が可能かどうかお伺いを立てる。

 

◎ 電話番号だけでなく、メールアドレスを聞いてメール

やりとりできるようにもしておく。

 

 

昨年7月に、反対側のお宅の新築が終わりました。

 

正味10日ほど友人宅にトンズラしていましたが、6月から

はじめた指圧と、畑仕事で土を触ること、欠かさない散歩と

生活時間の改善、感謝する気持ちを育てることなどメンタル

部分も含めて、自分にできる思い当たることをすべてやりきり、

なんとか悪化することなく、1軒の新築は乗り切りました。

 

 

そしてそれが「乗り切った」という

 

自信につながることに。

 

 

 

 

 

この写真は、昨年10月頃かな。
2階の猫の額より小さい踊り場?から撮っています。

 

見たことある人はうなずいてくれる、

踊ったら確実に落ちるので踊ってはいけない踊り場です。

 

 

すっかり木が切られ、塗装が入り。

この時点では、体調まずまず、

 

 

逃げ場探し編にも綴りますが、すったもんだして、

 

今年に入って

 

 

ようやく

 

「できるだけ、家でやり過ごす」 という

 

選択をしました。

 

 

 

 

受け入れられるまでには、心の移り変わりはまだまだ

続く。

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
絶賛増量中

化学物質過敏症を発症して、12年目。

 

悪化して、回復して、落ち着いてきたら

ES発症。

 

過敏症とともに暮らしていく知恵や工夫

CS仲間と貴重な情報を共有しながら

家族や友人、職場、たくさんの人たちに

協力してもらいつつ、CS、ESともに

落ち着いてきました。

 

 

過敏症は適切な対応をしていれば

 

回復する病気です。

 

 

 

 

*相次ぐ台風で流されながらも、生き残ってくれた秋人参

 

 

発症したては、パニクってどんどん反応する

ものが増えて、八方塞がりになります。

 

だって

 

今まで使っていた日用品がそこにあるだけで、

 

目がシバシバ、鼻がグワグワ(ぐわーーーんって

かんじ、わかるかなー?)、全身の疲労感に、

筋肉のこわばり、咳やら、胃痛やらあらゆる

不具合が、いきなり体で起こるんだもの。

 

 

おいおい、私の体、

 

 

どうなっちゃたのーーーー???

 

 

そして反応するものが増えてきて、どんどん

具合悪くなっていく

 

 

仕事ができないだけなく、友人宅には行けない

家事もなにもできなくなる。

 

 

 

どうなっちゃうのーーーーーー???

 

 

不安ですよね。

 

人に会うと具合悪くなるんだもの。

 

 

柔軟剤や殺虫剤、消臭剤を使っている友人と

会うと具合悪くなる病気。

 

 

それを丸ごと理解してくれということが無理な話。

 

 

お先真っ暗です。

 

 

そんな藁をもつかむ思いで、ここいらブログに

たどり着いたそこのお嬢さん。

 

お嬢さん以外のCSさん、香料苦手になってきた方たちも!

 

今は不安でたまらないでしょうが、

 

どうか落ち着いて、

 

やるべきことをやっていれば回復する

 

 

いうことを心のどこかに入れておいて

ください。

 

 

今は、辛くてなかなかイメージできないかも

しれません。

 

 

どうか希望を捨てないでください。

 

 

過敏症は自分次第でよくも悪くもなることが

あります。

 

 

具合悪くなっていく一方だと、不安で不安で

たまらないけれどそのうち回復もしていく

ということを体感できるようになります。

 

そうすると


適切な対応を続けCSとともに暮らしていく術を

身につけていくごとに、受け入れられるようになると、

不思議と症状も落ち着いてきて、 (気持ちも慌てないから

感じ方も変わるんだろうなぁ)  徐々に回復していきます。

 

 

CSは気のせいではありませんが、気の持ちようで

回復へのスピードが大きく変わります。

 

 

ある日突然発症して、「ダメ」なものが増えていく

過敏症。

 

 

適切な対応をして回復にむけて励んでください。

 

 

脳に「できる」をインプット

 

してあげてください。

 

細胞に「大丈夫だよ」って教えて

 

あげてください。

 

 

 

とはいえ、曝露したらぐったりするということも

よくあるんだけどもね。

 

 

残念ながら完治は難しいですが、感度を下げる

ことはできます。

 

 

感度上がったら、下げればいいじゃない。

 

 

同時期に発症した、私のCSメンターの言葉。

 

 

春は必ずやって来ます。

 

 

 

 

*畑のはじまりと共に、花があちらこちらで咲き始めました。

 

 

この1年でCSさんが確実に急増しています。

 

この間は、1日お店にいただけで5人のCSさんに

会いびっくり。(2人は前からの知り合いなんだけど)

 

 

そして、家の真裏で26軒の新築工事がはじまり、

いよいよ数日後には家のすぐ裏に建ちはじめますよ。

 

 

はじまるよーーーー 

 

 

このタイミングでよかった。

 

 

発症したてのパニクっていた頃だったら・・

 

とてもじゃないけれど、受け入れられなくて、やたら

めったら大暴れしたんだろうなぁ。

 

 

とはいえ、慌てることもあるのですが、業者さんには

本当に協力してもらっていて、ようやく落ち着いて

やりとりができるようになりました。

 

 

消費税増税の影響なのか、多くの過敏症仲間が、

近隣工事中だったり、これから控えていて一人じゃない

ことが何よりも心強いです。

 

 

私のように工事現場を親のカタキのようにギロりと

にらんでいませんか?

 

毎日朝から晩まで働いている方たちを、まるで鬼の

形相で見つめていませんか?

 

 

心がむしばんでしまいますね。

 

 

次回ここいらブログでは、近隣工事での

 

やさくれた私の心の中をまるごと暴露  おっといけない

 

心の移り変わりを綴ろうと思います。

 

 

寝室は特に頑丈に目張りをして、散歩、畑、指圧

そして、気持ちも鍛えながら、心身を整えて近隣

工事をやり過ごすことに集中、専念しています。
 

 

来月、13日(火)の過敏症の集まり、憩いの日は

CSさんには避けられない外からの外気流入を防ぐ

方法を2回連続で開催します。

 

 

だからその適切な対応が知りたいんだよーーーー

 

と画面の向こうから心の叫びが聞こえてきたので、

ここいらサイトを充実するべく、がんばりまーーす。

 

待てない方は、ここいらまでメールくださいませ。

 

 

 

CS:考え方 comments(0) trackbacks(0)
指圧後編

旧暦新年おめでとうございます。

 

もっと早くに、後編を更新しようと思っていたのが

体のお手当と家の防御手当に手間取ってしまいました。

 

 

 

*誕生日にCS仲間から送ってもらった一夜干し。これはカマスだけど

珍しい鮎の一夜干しも入っていて、美味しかったです。

 

 

ということで  指圧  後編

 

 

はじめの2ヶ月くらい、指圧当日と翌日は怠くて

ぐったりしているので、夫に

 

「やればやるほど具合悪くなってるじゃないか」

 

と言われていました。

 

でも続けようって思ったのは、1、2回じゃ効果を

実感できないことと、とはいうものの初めて指圧

してもらった時に、体中がポカポカ暖かくなって

血の巡りがとてもよくなったことを実感したから。

 

これは自分の力ではできないこと

 

なにより施術師さんがCSなので、体に負担かからずに

安心してお願いできるのがありがたいです。

 

山本指圧治療院に通えない方は、CSてあてセラピー

田中さんは出張してくれます。

 

 

歩く、半身浴、ストレッチ、食生活、睡眠時間など日々の

暮らしに取り入れていることって

 

 

続けることが大事   なのですが

 

発症後数年は、ちょっと田舎に行って調子がよくなって、

自宅に戻ると体調も戻るということの繰り返しだった。

 

それは、

 

歩かず、夜型生活でPCにへばりついていたから。


 

今も、指圧した当日と翌日は怠さがあるけれど、

不思議なことに化学物質に曝露した翌日の怠さとは

違うのです。

 

指圧  → 翌々日、元気になっている。

 

曝露  → 翌々日も怠さは残り、長ければ1週間くらい

回復に時間がかかる。

 

最近は回復のスピードが速くなったのがありがたく。

 

 

表面のコリがほぐれないと、奥のコリをほぐせない

そうで、むやみに押せばいいってもんじゃないらしい。

 

あー そのあたり凝ってるーー って感じる私の体感と、

 

「ここ凝ってるのわかります?」という山本さんの感覚が

 

どんぴしゃり。

 

ここいらのチラシの文言にもあるのですが、

 

 

CSさんは「ちょっとのこと」で具合悪くなる分

 

「ちょっとのこと」でよくもなるはず

 

 

それを信じながら、できることは何でもやって、

CS発症後、はじめての26軒新築工事という大波を

乗り切ろうと思います。

 

 

それでダメなら、トンズラするぜー

 

 

施術を受けているCSさんから「いいよー」という話は

よく聞いていたのですが、このタイミングでのご縁、

続けてみることにしました。

 

1年後、その先と体がどう変わっていくか楽しみです。

 

 

 

家のお手当編とトンズラ場所については、またそのうち。

 

 

 

*ここいらの商品は近隣工事の影響の届かないところに

しまってありますので、安心してくださいね。

 

 

 

 

 

私のソウルフード  野沢菜の本漬けができました。

葉っぱでご飯をくるんで食べるのが、地元流

 

かどうかは知らないけど美味しいよ

 

 

種から作ったどーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

CS回復への道しるべ comments(0) trackbacks(0)
整える

 

立春にむけて、冬の土用がはじまりましたね。

 

夏の土用にウナギ(梅干しのがいいのでは?)

土用干しとかなじみがあるけれど、冬の土用など

二十四節気を意識しだしたのは最近。

 

 

 

台風で白菜が流されて、急遽カブを植えた畦。

春菊も美味しくいただきましたよん。

 

 

月に遠近があることも、バイト先のモノがたり

マーケットで月の遠近カレンダーを取り扱って

はじめて知りました。

 

月と地球の距離の遠近の差は、なんと3万5千キロ

あるのです。

 

月の満ち欠けだけでなく遠近にも影響されている

人たくさんいるはず。

 

 

確かに、スーパームーン付近って「きーっ」ってなってどうにも

とまらなくなってしまう、私。

 

そういうことあったらきっと近い満月の日かもしれませんよ。

 

 

旧暦や地球や太陽、月の流れを意識して暮らすと

ああ、なるほどなと腑に落ちることが多いです。

 

 

お店の改装、ほぼ終わりました!!

 

 

年末年始、不眠不休で改装してくれたオーナー、

暇をみつけてせっせと整えに来てくれるお世話人、

そしてモノがたりマーケットのスタッフたちと

こどみら、自然育児友の会、みーんなのおかげで、

とっても素敵な空間になりました。
 

CSさんにはまだちょっと厳しいかもしれないので、外でお話

しましょうね。

 

 

 

みんなが私の体調の気遣いと配慮をしてくださり、本当に

ありがたいです。

 

 

 

気の流れって本当に大事ね。

 

 

気の流れといえば、オステオパシーの施術を

しているCS仲間の男性がいます。

 

CS-てあてセラピーの田中さんです。

 

CS憩いの仲間でも大人気。

 

出張もしてくれるので、出かけられないCSさんには

ありがたいですね。

 

使用するタオル類は、オーガニックコットンと竹布、

そして竹の湧泉で洗濯してくれています。

 

 

以前、歯科医の紹介で足のマッサージを受けようと

見に行ったら施術師が「私は香り大好き」と言うだけ

あって部屋中にオシャレ?な芳香剤がいくつもあり、

5分ほど話をして退散。

 

CSは回復していた時期でしたが、翌日もノックダウン

したことがあります。

 

どんなにすごい腕をもっていたとしても、曝露したら

プラスマイナス、マイナスになってしまう。

 

意味ねーっ

 

 

おすすめの施術師さんを何人か教えてもらったけれど

CSさんにしてもらうのが安心。

 

 

憩いの仲間の集まりで田中さんと顔あわせているのに

とても恐縮なのですが、私は国分寺のバイト先の近くの

山本指圧医院という、CSの施術者に、昨年の6月頃から

お世話になっています。

 

 

ちょうど隣の新築工事がはじまったあたりから。

 

今までずっと、ためにため続けた「CS回復」を実感

したもうひとつのこととは、

 

指圧です。

 

 

去年の酷暑を乗り切ることができたのは、

畑で土をいじって汗をかいて散歩したことと、指圧です。

 

26軒もの新築工事をなんとか乗り切ろうと希望が

持てているのは、畑と散歩と指圧のおかげ。

 

 

新築工事、着々と進んでいるよーーーー

 

 

この間、憩いの仲間の集まりで、私とまったく同じ

境遇の方がいました。

 

一人じゃないぜ、ベイベー

 

そう、誰もが発症する可能性のある過敏症、

 

そして、

誰もが経験する可能性のある近隣の工事

 

 

一緒に乗り切ろうぜーーーー

 

 

指圧の話題は、半年間伝えたかったことで、ようやく

お伝えできました。

 

けれどもっ、時間切れで後半に続きます。


 

ぇーーーっ

 

 

 

いや、寝ますーーー

 

 

 

 

CS:対策 comments(0) trackbacks(0)
2019年はじまりました

 

昨日は、西暦2019年最初の新月

旧暦では師走のはじまりです。

 

*あーー

昨日PCぶっ壊れてアップ出来なかったのですよ。

 

 

あけましておめでとうございます。

みなさんどんなお正月を過ごしましたか?

 

我が家は昨年身内に病人がでたため

(おかげさまで今は驚異的な回復をしています)、

来客も、大掃除も、お節もなしに

 

とはいえ、甥二人はお泊まりに来るようだから、

チャーシュー作って甥の好物のラーメン作ろうとか。

 

お煮しめもそろそろ私がお節リーダーになるべく

義母の味を引き継ぎつつ、砂糖無しバージョンで

私色も入れ、梅人参というものを初挑戦してみたり。

 

義母に聞きながら作って、家族のOK印いただきました。

 

 

正月にクリスマスメニューはいやじゃぁぁあ

 

 

 

 

数の子、黒豆、栗きんとん、たたきゴボウ、八幡巻き

金柑、などなど、作らなかったものも多かったけれど

 

蒲鉾をお隣さんからもらったり、松原家特有の白豆

赤豆は去年のあまりを消化したり。

 

カブもあるから、菊花カブも作ってしまえーと、

砂糖なしの菊花カブも家族のOKいただきました。

そんなこんなで、今回のお節は来年から一人で作る

予行演習をかねた、

 

「あるものでお節」 ができました。

 

 

あ、口だけね。 一人で全部やるのは無理っす。

でも、80歳になる義母に、年末の連日連夜のお節つくりは

そろそろ卒業して欲しいと思っている長男の嫁です。

 

お節リーダー、早くも弱気発言か・・・

 

 

 

 

激安肉だけども、ローストビーフも急遽作り。

 

量は少なかったけれど、お餅もついた。

 

お世話になった方へのおすそ分けもできました。

 

 

そして、来客が少なかったとはいえ昨年よりも

体のダメージが減っていたことがうれしかった。

 

 

ありがたやーーーー

 

 

 

 

 

来客の翌日寝込まなくてよくなったおかげで、

バイト先のオーナーが一人でコツコツこなした

(ほんと、脱帽です。ありがとうございます!)

年末年始の改装にも、ほんの少しだけど貢献でき、

オーナーとお世話人で、新しい年のお祝いと

食べれなかった、黒豆もいただくことができました。

 

職場でも、プライベートでも、CSの気遣いと

配慮をしてくれるありがたさがしみたお正月。

 

昨年11月から続いたバタバタの中で、いろいろと

見えてきたこともあり、年明けにふと沸いてきた

気づきに気持ちがものすごおおおおおく楽になり、

自分の進む道がみえてきました。

 

 

必要な時に、必要な人やモノがやってくる

 

私のメンターの教えです。

 

 

 

 

 

 

写真は、空豆とグリンピースと絹さや

 

 

張り切って撒いたグリンピースの種。

 

3株しか芽がでなくて、みかねた地主さんが苗を

買ってきてくれました。

 

いやぁ、ありがたい。

 

 

去年の酷暑を乗り越えられたのは、朝6時に起きて

 

2時間たっぷり汗をかいて、

散歩して土をいじったから。

 

 

「土に還る」

「土星のシャンプーハット」が今年のテーマです

謎 (笑)

 

 

この調子で、今年も土をいじって、体を整えて、

元気にいきますよーー

 

 

憩いの日に来てる方にはお伝えしましたが、体を整える話題は

改めてお伝えしますね。


いーつーーー?

 

 

【新築工事情報】

100m先の一番離れている2軒でシロアリ防蟻と

防水工事はじまっているけれど、今のところ体調は

くずしていません。

 

今日から、新築工事再開。 7月まで続くよーー

 

 

ここいら相談電話やメールなどでお伝えしている

自分の体調を、記録にとること。

 

 

そういえば最近してないなぁー と今年は

 

お通じ、睡眠時間、体調の波、曝露した原因

散歩の量などのチェックをはじめてみました。

 

 

できることはなんでもしてみる。

 

これ大事ですね。

 


2019年が皆様にとって心穏やかに過ごせる

になりますように。

 

ここいら、憩いの仲間、バイト、プライベート

つながっているみなさま、今年もお付き合い

よろしくお願い致します。

 

まだ出会ってない方たちと、今年はどんな出会いが

待っているのか、今から楽しみです。

 

 

 

*お正月のお節ブログを楽しみにしているとメールをいただき、

今年はアッと驚くお正月ブログとほざいていましたが。

 

鶏の丸焼きにローストビーフという、思いっきりクリスマス

ディナーになる予定が、「あるもんでお節」になり

ちっとも驚かないお正月ブログとなっちまいましたーーー

 

 

 

 

 

 

 

プライベートなこと comments(0) trackbacks(0)
人それぞれ

 

やっと12月らしい気温になりましたね。

 

冬生まれ、長野育ち、CS、3つ揃っているからか

空気がひんやりしてくると、ワクワクします。

 

師走に入りいろいろとバタバタしてきたけれど

バイト先つながりの可愛い女子2人と注連縄作りを

してきました。
 

 

 

 

 

講師は はたけんぼ のむっくん先生。

 

今年も作れた!! むっくんありがとう!

 

 

武道から堆肥つくりもしていて、なかなかおもしろい

活動をしている若者です。

 

むっくんとCSの話をしていたら、11月に憩いの仲間の

集まりにお話に来て下さった、CSの看護師 Yさん

まったく同じことを言っていました。

 

「過敏センサーを磨きすぎないこと」

 

おぬし、若いのになかなかやりますな。

 

 

Yさんの心に響いた名言集 その1

 

「あっちに行ったら戻ってくること」

 

あっち=仙人生活

 

着られる服がなくなり、綿を紡いで、織って、服を

作っていた、仙人レベルまで到達したからこその、

説得力のあるお話でした。
 

 

ここいらブログではご案内できませんでしたが、

追々、心に響いたことをお伝えしていきます。

 

 

着るモノもない、洗濯に追われている、反応する

モノが増えてきた、この先が不安だ。

 

 

と嘆いている、CSさんたち

 

 

過敏症は自分次第でよくも悪くもなることがあります。

 

 

最初はどんどん悪くなるばかりでどうなっちゃうか

不安でしょうが、大体みなさん数年で落ち着いてきて

過敏症を受け入れて、共に暮らす知恵と工夫を身につけ

回復していく方が多いです。

 

 

 

どうか、今は辛くても

 

希望を捨てないでください。

 

 

 

あっちに行っても戻ってくればいいのです。

 

 

気がすむまであっちに行って、戻ってきて下さい。

 

 

そのタイミングは人それぞれ。


 

 

過敏症の症状や原因物質には個人差があり、それぞれ

違う疾患を併発している人もいて、同じCS同士でも、

 

「えっ、それ、大丈夫なの?」

 

「それ、ダメなの?」

 

 

と違いがあり、理解することが難しいこともあります。

 

 

私も世の中のCSさんが聞いたらびっくりするようなことしてます。

 

知りたい方は直接聞いて下さいねー あっと驚くよ。

 

 

キレイなお姉さんたちがCMで1日中お勧めしていて

どこにでも売っていて、安くて便利な文明の賜を、

ことごとくダメだしする私にまわりは

 

 

「いいニオイなのに、なんで具合悪くなるの?」

 

「そんなんじゃ、暮らしていけないよ」

 

「食べるものがなくなる」

 

「思い込みじゃないの」「気のせいだよ」

 

 

何度もそう言われ、夫やまわりに対して理解して

欲しいともがいていました。

 

 

 

でもね

 

100%理解しあえる関係ってあるのかしら。

 

 

と、一緒に注連縄を作った自分の娘のような女子と

しばし話しこみ。

 

 

むっくんといい、女子といい、最近の若い子と話してるとたくさんの

気づきや学びがあって、素敵すぎる。

 

なにより、彼等の目が輝いてる。

 

 

若いエキスもらうってこういうことかと実感ですよ。

 

 

いやぁ、やるなー 希望もてるわー

 

 

あ、話それた。

 

 

 

共通して言えることは、

 

みんな化学物質過敏症という病気で

 

「苦しんでいる」ということ。

 

 

 

私が必要だったのは、「理解」してもらうことより

 

(そりゃ、理解した上で協力してもらえるにこしたことないけど)

 

 

協力してもらうこと。

 

 

世の中に溢れる化学物質で苦しい思いをしている

過敏症。

 

 

これなら、大丈夫だろうと思うものがダメな反面、

 

これはやばいだろうというものがOKだったりする。

 

 

 

もはやそれは、ツンデレを超えたSFの世界。

 

 

あっ、話がそれるーー 何故ツンデレ?

 

 

 

その全てを理解はできないけれども、それを

 

 

「尊重」することはできるよね。

 

 

同じCSだからと言って

 

「えー、こんなのダメでしょう」

 

と決めつけないで。

 

 

人それぞれなのです。

 

 

これはダメなんだね。

 

これは大丈夫なのね。

 

辛いのね。

 

苦しいんだね。

 

今は、大丈夫なのね。

 

大変なんだね。

 

と、思いを馳せることはできると思うのです。

 

 

自分だって苦しんだのだから。

 

 

 

私にも反応してしまうため、直接的には関われない

重症のCSさんもいます。

 

見える形でのアプローチはできないけれども、

その「苦しみ」に少しでも寄り添い、回復にむけて

もがいている姿を陰ながら応援しています。

 

そう、何もできなかったら、心の中でお祈りしよう。

 

 

回復を願おう。


 

祈りの力、言葉の力、言霊って本当に大事です。

 

 

 

 

今年は工事があるから、やめようかと思っていた干し柿。

 

24日までシロアリが来ないので(歩いてくるんかい?) 急遽干して

いたのですが、明日から木材入るそうで、民族大移動もとい

干し柿大移動しなくっちゃなぁ。

 

ほら、こういうビニールの紐で結んで、熱湯に10秒ポッチャン

しても、私は使えるんです。

 

 

 

クリスマスシーズンに突き刺すようなLEDライト

 

青いLEDライトって、痛すぎない?

 

街は浮かれている反面、浮かない気分で家から

出られないCSさんたち、藁をもつかむ思いで

ここいらに相談してくるCSさんたちに

 

サンタさんから

 

「体調が上向く」という

 

素敵なクリスマスプレゼントが届きますように。

 

 

あ、回復は待っているだけじゃきませんよ。

 

 

自分の身体を自分で整える。

 

大事だから赤い文字にしとこう。

 

 

今年の6月から新しくはじめた身体の整え方は、

またまた長くなっちゃったので、次回に。

 

 

前もそう言ったこと忘れてないかっ

 

いや、それ大事なことなので他の話題と一緒に

したくなくってですね。 ハィ。。

 

そこが知りたいんじゃーっと画面の前で叫んでる

声が聞こえるぅぅぅ

 

 

自分の身体は自分しかわからないです。

 

 

人やモノだけに頼っているうちは

回復しません。

 

 

あっちから戻るタイミングは自分でつかんで

くださいね。

 

 

 

不思議なことに

 

必要な時に、必要なモノや人がやってくるよね。

 

 

 

今年はCS仲間からの素敵なプレンゼントがあるとかで

浮き足たちまくりの私でした。

 

あー待ちきれないったらありゃしない。

 

はーやーくー クリスマスになってーーーーー

 

その前にやること山積みということ、忘れてるよ。

 

 

 

CS:考え方 comments(0) trackbacks(0)
支え

 

 

こんばんは。

深夜の脳内更新の時間がやってきました。

 

よい子のCSさんは真似しないでくださいねー

22時以降はオネムの時間ですよー。

 

 

 

 

 

最近、ここいらでお買い物して下さる方が増えてきて、

ありがたく、そしてうれしく、ウルウルしてメールの

お返事しながら、送信ボタンを押すことを忘れています。

(こらこら、いかんぞーっ)

 

ここいらは、大きな通販サイトのように安くなく

ポイントもなく、送料も1万円以上買わないと無料に

ならないけれど。

 

ここいらにしか、できないことがあります。


その1 無料サンプルあります。

 

過敏症はなんでも少しずつ、試してみないとわからないからね。

送料はいただきますが、ご注文時に一緒に頼んで下さい。

 

 

その2 品物のニオイ移りにできる限りの

配慮をしています。

 

 

おかげさまでCSが回復してきているので、私のセンサー

ポンコツで鈍いったらありゃしないのだけれども

 

そんな時には、CS仲間の鼻(助け)をお借りします。

 

 

過敏症だからこそできることが、ここいらにあるのです。

 

 

その3 一緒に笑って、泣きます

 

過敏症を回復していった過程、失敗や、助かったこと、

CSならではの使い方や、暮らしの工夫をお伝えします。

 

時々、メール送信ボタンを押し忘れます。

(!!!)

 

 

 

香料系のニオイ落としが得意な 竹の湧泉

 

自然派さんに大人気の マグちゃん

 

使いやすい酸素系漂白剤や石けん臭の少ない ねば塾

 

そして、アンモニア臭、腐敗臭、加齢臭には

 

新商品の
 

きえーる

 

きえーる、すごいです!! 

 

 

 

4種の神器、揃いました。

 

3種だぞと、ツッコミはなしでお願いします。

 

 

これでお洗濯の悩みコンプリート!!

 

 

使い方などなど、おたずね下さいね。

 

 

大手通販サイトで購入しないで、わざわざここいらを

選んで下さる方に、感謝の気持ちを忘れずに。

 

これからも、ここいらでお買い物してよかったと喜んで

もらえるよう努めます。

 

 

たくさんの、ありがとう!!!

 

 

 

 

 

えーっ、まあ、なぜ、しらじらしく

深夜にメール送信忘れた言い訳をしているかって言うと。

 

 

先日、電話でおしゃべりした後に品物を発送した方から、

お礼のメールが届きました。

 

 

__________★__________
 

 

ここいらさんが送って下さるモノは

みんなよいモノだね。

田舎じゃどこにも売ってないから、

とても助かっているよ。

使える私たちは恵まれているね。

 

__________★__________
 

 


と心温まるうれしい内容でした。

 

 

その方は、いつも感謝して喜んでくれて、ここいらを

支えてくれているお一人です。

 

電話でのおしゃべり中に、メールを読んでいたら通じる

はずの話が、わかってない様子だったので、深く考えずに

もう一度伝えたのですが。

 

 

 

なんとなんと

 

メール送信ボタンを押し忘れていた

 

ことに気が付きました。

 

 

そりゃ、わからんわな。

 

 

ごめんなさいと、お返事のかわりの深夜の脳内更新。

 

こんなうっかりはちべぇなここいら店長きみですが

 

みなさま、

これからも末永いおつきあいしてくださいませ。

 

 

そして、電話で話したことをブログに載せると言ったのに

うれしい内容のメールを勝手に載せてしまいました。

 

 

 

CS:ありがとう comments(0) trackbacks(0)
タイミング

みんなのアレルギーエキスポ、今年も無事に終わりました。

 

憩いの仲間のブースお目当てに来場してくださった方、お手伝いに

来て下さった方、ありがとうございました。

 

今年も出店させていただきました、ここいらのリピーターさんとも

お会いでき、うれしいかぎりです。

 

主催の日本環境保健機構、会場の京王プラザホテルのみなさまにも

今年も本当にお世話になりました。

 

 

 

 

「何年かぶりに電車に乗って都内に出ることができました」

と、顔を出してくれたCSさんからうれしい言葉をいただきました。

 

憩いの仲間ブースに来るために

 

何年かぶりに電車に乗れたこと

 

 

私自身も電車に乗れない時期があったので気持ちはよくわかります。

 

憩いの仲間ブースに来るために「できなかった」ことが「できた」

ことが、本当にうれしかったです。

 

 

そして、今回もお手伝いに来て下さったCSさんからの嬉しい

メールを紹介します。

 

____

 

発症したての頃に、憩いの日で聞いたことは

「せっぱつまっていてこんなこと無理だよ」
と思っていたことも、1年たち、2年たち、集まりで教わる心の持ち方や
お手当などを続けてきて、今では実感できるようになりました。
____
そうだよね。
私たちが伝えていることは、
回復してきたからこそ「できる」ことが多いです。
発症したてで、辛くてそんなことできるはずがないって
思うよね。
私だって、発症したての時に

「出せる身体を作ること」

なーんて言われたって、あーた。
歩けって言ったって、一歩外に出たらものすごい香料やら
なにやらが、私の鼻と脳を直撃するのだよ。
無理げーっ (死語ですね。)
って、引きこもり生活突入。
外に出ない、代謝できない、お日様あたらない、毒たまる
負のループの出来上がり。
だけども、重症度も症状も人それそれ。
その人それぞれの、タイミングがあるよね。
タイミング 大事です。
台風でダメになった茄子、夫が声をかけて看病?して
少し実がなったのですが、夏の時期や秋茄子全盛期の頃と
比べて、成長も遅くて、実も堅い。
6個は取れる予定でいたんだけども、3つで諦めて
まだ花も咲いていたんだけども、畑の茄子を今日引き抜きました。

 

「ありがとなー、お別れだよー。」
通称、緑の人の夫は、作物を引き抜くとき必ず話かけます。
あのごっつい、見た目からは想像も出来ない行為w 
作物にもタイミングがある、思い通りにならないよと
それはまるで、人生のようだと、畑が教えてくれます。
ワシャワシャと伸びている、大根の葉っぱ。
だけども、思いどうりに育たないのさーっ
この子がまた面白い一コマを作ってくれました。
それはまた後日。
憩いの仲間は、人やモノに頼らずに、自分の暮らしや身体を整え、
過敏症とともに暮らしていく知恵や工夫を分かち合い共感できる場で
ありたい、そしてそれはスタッフだけでなく参加者ひとりひとりの
みなさんと作り続けていきたいのです。
来月は13日(火)ですよー
ドタ参加、ドタキャンOKですが、参加される方できるだけ
メールください。。。。。
フォントの大きさと改行がいまいちできず、読みにくくてすんまへん。
ここいらはブログ含め、サイトリニューアル中ですので
しばしお待ちくださいませーー
CS:考え方 comments(0) trackbacks(0)
| 1/14 | >>