ここいらとは長野の方言で「このあたり」という意味です。
「自分の足元を大切に」暮らしていきたい思いをこめました。
化学物質過敏症になって気づいたこと、学んだこと、
回復への道のりや日々の暮らしをのんびりゆる〜く綴っています。
やっかいな放射能と暮らしていくための基礎知識
 
昨日、家の階段の上から見事にスライディング?を
してしまい、むち打ち状態になってしまいました。

首がまわらないとはこのことだ〜 

そんなわけで、昨日からほとんど寝たきりに加え、
数日前から、両腕に原因不明のかぶれもでてきてふんだり
蹴ったり状態です。


国分寺のこどもみらい測定所のツイッターからの情報。
理論物理学者の田崎晴明さんが書いた本を紹介します。

pdfファイルになっています。

やっかいな放射能と暮らしていくための基礎知識



以下、本文より引用
___________________________

この本は、「安全だよ。安心してください」と言う
ために書いたのではないし、「危険だ。心配しなくては
いけない!」と言うために書いたものでもない。

ただ、放射線や原子力について知っておいたほうがいい
(とぼくが判断した)基礎知識を説明し、それから、
「放射線はどれくらい体に悪いのか」ということについて
何がわかっているかを丁寧に解説した。


そして、よくわからないことについては、「わからない」
とはっきり書いた。何がどのくらい「わからない」のかを
みんなで知って、その上で、これからどうするかを自分で
考えていくのが一番だと信じているからだ。

これは、そういう本です。
___________________________


とても真摯な姿勢が伺えます。

132pに共感できる内容があったので引用します。


___________________________

「気にする自由」があるのと同じように「気にしない自由」
があるということも言っておきたい。

中略

この困難な時期に何よりも大切なのは、「気にする自由」
と「気にしない自由」をお互いに尊重し合いながら、
最良の未来を目指していくことだと信じている。

___________________________


みんなが同じでないといけないという風潮の日本社会。

「食べて応援」食べないなんて、風評被害だと。

食べる人も、食べない人もお互いの選択を尊重したいです。

化学物質過敏症も似ているところがあって「みんなが日常的に
使っているものがダメなんて」病気の私の方が「変わっている」
「おかしい」と、何度も言われ続けています。

使えない自由を〜と言いながら、使うものに苦しんでしまうので
尊重できないのが、私のまだまだ未熟なところです。

竹の湧泉のアースデーマーケットでの対面販売では、
合成洗剤を使っている人を否定しないで、やんわりとダメな
人もいるということを伝え、竹の湧泉を柔軟剤かわりに使う
と合成洗剤の残留成分が落ちてよいこと、お掃除にも使える
ことを説明しているんだけども、


まだまだ、自分の意見を押しつけているかなぁ。。。

化学物質も、放射能も、害がどのくらいあるのか知ってから
選択したいですね。

おっと、話がそれちゃった。


単行本にもなるそうですが、こちらは無料です。
反原発を利用した金儲け主義と言われることもないですね。

そんなつもりがない人まで言われてしまうのが悲しいですが。


B5やA4に小冊子のように印刷もできるし、web上やipad
などでも読めるようになっています。

プリントアウトしてじっくり読みます。



原発・放射能 comments(4) trackbacks(0)
安全、安心なもの
 
竹の湧泉をおいてくださっている、三鷹駅前の自然食品店

やさい村さん


化学物質過敏症を発症してから、

自然食品店で買えば安心という無知で無責任な思い込みを
していたことに気がつきました。

有機JASには許可された農薬があること、減農薬といっても
使う農薬の種類によってはよけい害のあることなどを知り、

できるだけ自然栽培のお野菜を食べたいと探したことが、

やさい村の村長大友さんとの出会いでした。

大友さんは、
癒しオーラがあふれでているとても人間力のある方。

イライラしてキーッてなりながら、買い物に行っても、
大友さんがいるとなぜか、ふわぁっと体のコリやイライラが
消えちゃう。

なんとも、不思議な方です。

あの声に、秘密があるに違いない。??


気になる方は大友さんいるとき目指して、やさい村へ〜 555






ずいぶん前にいただいた木村さんのりんご。

1個部屋に置いてあるだけで、部屋中、天然の芳香剤のような
とてもよい香りにつつまれました。


もう手に入らないんだろうなぁ。


おっと、話がそれちゃう。


今回の原発の事故によって、有機業界?の生産者さん、メーカー
さん、お店の方のそれぞれの対応が二分されたという話を耳に
したり、私も同じように感じました。


 * 安全なものを作りたい、売りたいから、放射能についても、
   真摯な対応をとった方。


 * 安全に対する価値観が違うのか、はたまた経済最優先と
   思われる対応の方。


もちろん、商売だから儲けが必要なのはわかるけれど。


あっ、ここいらのことだけ考えたら万年赤字?で、


それ、わかってないねっ


違う考えを否定はしませんが、自然食品店で売っているものなら
安心となにも考えずに買っていた反省と知恵を使い、

これからは、賢い消費者になります。


消費者ひとりひとりの声が、世の中を変えると信じて。


やさい村の大友さん、経済よりも、安全、安心なものを大切にして
いる方です。 HPより転載させてもらいました。

_________________

さて、やさい村は今後、放射線値を検査しているものに関しては、
表示していこうという方針にしました。今後シールをPOPに貼る
予定です。

もしかしたら逆に売れなくなってしまう可能性もあるかと思いますが、
いつもの農薬の有無の表示、回数と同じく、わかっている情報は
お客様にきちんと公開したい
ということからです。

どうぞよろしくおねがいします。

_________________



やさい村は、少しばかり遠い(といっても5キロくらい?)ので
しょっちゅうは行かなかったけれど、できる限り利用したいです。


原発・放射能 comments(0) trackbacks(0)
母の想い








最後の木が朽ち果て

最後の川が汚染され

最後の魚が獲られたとき


初めて、私たちは


お金を食べて生きていけない

ことに気づくのです。



facebook でみつけたフレーズです。

どんなことについても何かを決めるときは、そのことの
影響を七代先まで考えなくてはいけない

ネイティブアメリカンの人々は、自分たちの行いのために
子孫に負債を背負わせてはならない

と考えて生活し、豊かな自然を次の世代へと受け渡してきました。


震災後、原発のことと照らし合わせて、よく使われていました。


長年、自然と共に生き、自然に感謝しながら生きてきた彼らから、
教えてもらうことはたくさんありそうですね。










日本は、7代先はおろか、次の世代のことも考えていないであろう
大飯原発再稼働、原発の輸出。

農薬を使い、大量の化学物質を使い、大量生産と消費社会。


ソースをとっておかなかったので、うろ覚えなのですが、

日本で許可されている化学物質の量は、イギリスの20倍、アメリカ
の3倍、先進国の中でダントツ1位です。


人の命より自分の金のほうが大切な人が多すぎるのでしょう。


この間、小学生のお子さんのいるお母さんと食事をしました。

とてもかわいらしい娘さんは、お母さんとそっくり、同じ髪型。

娘さんはお父さん似だそうですが、雰囲気がそっくりで一目で親子
とわかります。

震災前は長かったというその髪は、もしもまた地震がおきて離れ離れに
なったときに、

「こういう髪型の子いませんでしたか?」

と、すぐにわかるようにと切ったそうです。


私はといえば、化学物質過敏症を発症して診断された日に胸まで
あった髪をばっさりと切って、今はほぼ坊主一歩手前状態。

髪は、電磁波や化学物質が吸着するので、短い方がいいんです。

いやあ、顔を洗う延長で髪も洗えるって便利なんだよねぇ〜

それは、ちょっと別の意味で女捨ててるとも・・ 

あっ、話がそれちゃった。


小さいお子さんのいるお母さんの想いを聞いて、自分の身を守るため
だけと、めんどくさいがために?髪を切っている私との違い、

なんだかとても胸が締め付けられる思いでした。

こどもたちのために、今の私になにができるかもう一度しっかりと
考えたいです。


原発・放射能 comments(0) trackbacks(0)
アレクセイと泉
 三鷹市の自然食品店、やさい村さんは、いつも私がお世話に
なっている自然食品店。

自然栽培のお野菜を多く扱っていて、知ってね☆うぉーく
アースデーマーケットのイベントを応援してくれています。

やさい村の村長さん(オーナー)は、いつ行っても穏やかに
「こんにちわぁ〜」とおっとりした雰囲気で癒してくれます。

竹の湧泉も販売しています。

震災後、東京から高知に移住された方の興味深い話が載って
いました。

移住先の高知では子供が少なくて廃校になりそう。そして、
関西で問題になっている、荒れた竹林の話もあります。

こちらのトップページ「新しい流れ2」からどうぞ。


やさい村主催の映画祭のお知らせです。

いのちの学校 上映会企画

アレクセイと泉 監督:本橋成一

ベラルーシ共和国の小さな農村ブジチェ村。
1986年に原発事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所から
北東に180キロ。
政府によって移住勧告が出され、600人の住人のほとんどが
村を去った。

残ったのは、55人の年寄と1人の青年アレクセイだけ。
村の名前は地図からも消し去られた。
あの日を境に、村のすべてが放射能によって汚染されてしまった。

長い年月人々が耕してきた大地も、そこに育つジャガイモも、
きのこが採れる森の中も・・・。

しかしそんなブシチェ村の中心には、まるで奇跡のように
放射能がまったく検出されない「泉」があった


日時 3月24日(土)16:30開場 17:00上映
会場 沙羅舎 B1F 舞遊空間
料金 ¥2.000

お申込み/お問合せ

沙羅舎1F 心泉茶房 0422-41-8617
mail info@sarasya.com  http://www.sarasya.com

映画の詳細はこちらのリンクでご覧ください。

______

そこのおねぃさん、今日もひとりボケと突っ込みはないよ!
というか、ネタ切れ?
原発・放射能 comments(0) trackbacks(0)
311
 あれから1年。

地震が起きた14時46分。

主治医から父の命が残りわずかだろうと聞いていた時でした。

8階の病棟で、経験したことのない強い揺れを感じ、このまま
揺れがおさまらなかったり、強くなったらどうなるんだろう。

ありがたいことに、この年になるまで大病なく過ごしてきた
私は、311の地震で「死」をはじめて意識しました。

たくさんの命を奪った地震と津波。

そして、今もなお収束しない福島第一原発。

いろいろな情報がネットから、あふれてきます。

多くの人の人生が311を境に大きく変わり、一方では
何事もなかったように生活が営まれている。

前日の東京大空襲、そして東日本大震災。


死ぬ直前まで、私を愛し続けてくれた父と

たくさんの失われた命を想い

静かに黙祷し、今、ここに生かされていることに感謝します。




写真は、安曇野市の原生林。

お気に入りの場所です。
知る人ぞ知る場所なのですが、ここの空気は格別。

1日に吸う空気は、25kg。空気がないと生きれませんね。

「命につながるものは、みんなタダなんだよ」

尊敬するお師匠さんの言葉です。
父と同じ時期に、お師匠さんは親友を見送りました。

4月中旬頃から、化学物質を抜いて体力をつけるためと、
田舎に帰りたかった父を偲びに、長野に行ってきます。
原発・放射能 comments(0) trackbacks(0)
平和の火
広島に落とされた原爆の火を、懐炉に入れて持ち帰り長年
絶やさずに守り続けた、星野村の山本さん。

平和の火



2010年の夏、CSが悪化して避難していた信州の山奥の
古民家にやってきました。

時を超えて、遠く広島からやってきた火を想い、じっと
みつめると、言葉では言い表せない不思議な気持ちに。

平和の火を囲み友人と、一晩話しあかしました。

それまで私は、平和の火のことを知りませんでした。

原爆で亡くなった多くの人たちの想い、23年間口外することなく
絶やさずにともしび続けた山本さんの想い、何も知らずにいました。

「知らない」では、いけないことがたくさんあるなぁ。

今、日本や世界で起きていること。

地球でおきていること。

自分はどれだけ、知っているんだろう。

原発是非を問う都民投票にむけての署名運動の受任者になって
少しだけお手伝いをしましたが、知らない人が多かった。

もっと、もっと、アンテナを張り巡らせようと思いました。



同じ、古民家にあった魚の餌。

小さくて、赤い、うにうにしたあれです。

魚の餌って、鳥も食べるんだね。

は虫類・・・ カメとか?

両生類に・・ふむふむ

じゃぁ、カエルにあげてもいいのね。


猿に・・・?

サル・・・


知らなくてもいいかもしれないこともある?



原発・放射能 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |