ここいらとは長野の方言で「このあたり」という意味です。
「自分の足元を大切に」暮らしていきたい思いをこめました。
化学物質過敏症になって気づいたこと、学んだこと、
回復への道のりや日々の暮らしをのんびりゆる〜く綴っています。
ニーバーの祈り

 

このところよく思い出しては、腑に落ちる

ニーバーの祈り

 

神よ、

変えることの出来ない事柄については、

 

それをそのまま受け入れる平静さを
変えることの出来る事柄については、

それを変える勇気を

 

そして、

この二つの違いを見定める叡智を

私にお与えください。

 

 

アルコール依存や、薬物依存の自助グループで

よく使われる言葉です。

CS発症したての頃は、変えることのできない

こと(世の中にあふれている化学物質を)

を必死で変えよう(無くそう)として、

 

変えられること(自分の身体)を変えない

でいました。

 

 

変えられないものを変えようとするエネルギーは

どえらい使います。

 

くたびれちゃう。

 

 

で、結局変わんないしね。

 

夫に理解して欲しい一心で、化学物質がいかに悪いか、

この病気は「気のせいではない」ことを必死で

訴えていました。

 

夫婦とはいえ、人の心は変えられない。

 

自分が変わることはできるけど。

 

病気や今の状態を理解してもらうことは大切だし、

救いになります。

 

だけども、人がいいと思っているもので体調を崩す

化学物質過敏症。

 

なってみなくっちゃぁ、わからない。

 

発症している私だって、外出もままならない重症の

方の気持ちが理解できるかといえば、

 

共感や寄り添うことはできたとしても、全てを

理解することは難しいのではと思います。

 

 

家族や職場、友人が理解してくれないと

思い悩んでいるCSさんへ。

 

 

理解してもらう

(変わらない)ことよりも

 

協力してもらう

(変えられる)ことに

 

エネルギーを使いましょう

 

 

そして、いつも 感謝を忘れずに。

 

家、職場、友人、どれだけの人が私の過敏症のために

協力してくれているか、気にかけてくれているか、

数え切れないです。

 

 

ああ、夫がこれをみたら「どの口が言ってるんだ」

とツッコミが入るに違いない。

 

 

 

 

 

 

今日の散歩ではじめて白い曼珠沙華をみました。

 

 

私にとって、ES・CS回復への道の一番大切な、

自分が変えられること。

 

 

それは「歩くこと」 です。

 

 

主治医にも毎日20分でいいから歩きなさいと

初診の時に言われました。

 

重症のCSさんは、外に出るのも辛いのだけども

私くらいの軽い過敏ちゃんは、なにはともあれ歩く。

 

そして、続けること。

 

 

3日坊主じゃいけません。

 

 

 

このブログみたいにね! 

おっと、5ヶ月ぶりの更新の言い訳はやめようと

思ったのに。

 

 

10月11日(火) 12日(水)

CS憩いの仲間が、アレルギーエキスポに出展します。

 

詳細はまたのちほど

 

 

 

CS回復への道しるべ comments(0) trackbacks(0)
スイッチ

ブログ更新のスイッチが、どこかにいってしまった

ここいらcocoi来店長きみです。

 

前回の、スイッチの話です。

タイやベトナムで草木染めをした洋服などを扱っている、

スワラジのタカさんは過敏症ではないけれど私たちの苦手な

ものが嫌という方です。

 

この間、アトリエにお邪魔した際のこと。

 

タカさん「(柔軟剤など)なんにも使ってない人は、わかるね」

 

私「うんうん」(そうでしょう、そうでしょう) ← 心の声

 

タカさん「うちの工房に来る人で、(柔軟剤など)使ってる人は

すぐわかるんだよね。ああ、この人はそういう趣味なんだなあ

って思うよ」

 

私「安くて、便利で、TVで1日中流れてて、どこでも簡単に

手に入るものだものね。」

 

タカさん「出張でアジアに行く時はね、もうすごいからね、

スイッチ切って、流すようにしているんだよね」

 

 

スイッチがあるのかっ!!! 

 

↑ 心の声と 頭の上に電球マーク!ひらめきひらめきひらめき

 

 

 

 

なるほど、ESデビューした時にESの先輩たちにどうしたらよいか

聞いた時、口を揃えて教えてくれたことです。

 

「気にしないこと」

 

ぇぇーーー そこですかぁぁぁー と心の声が出てました。

 

 

だけども、化学物質より避けることが難しい電磁波は、センサー

を磨いてしまうと、次から次へと感知して大変なことになります。

(なりました。)

 

化学物質もしかり。

 

「スイッチを切ればいいんだ」

 

発症してから、あれもこれもダメダメで避け続け、一時は外にも

出られなくなり、その後回復してきた私の経験での話ですが、

過敏すぎてよかったことはありませんでした。

 

*CS(ES)ダメダメ期 発症間もなく混乱するため、なにもかもが

ダメになる時期のことを言う。幼児のイヤイヤ期と類似している。

 

↑ 広辞苑風に言ってみた。

 

 

そうはいっても、化学物質過敏症は病気です。

 

気のせいだけじゃ、あーりません。

 

気にしなくても、気にしても、体内スイッチ入れても、切っても

体が勝手に反応してしまうことも事実。

 

スイッチ切ってと言われても、そりゃぁないぜふじこちゃんです。 

 

ふじこちゃんは関係ないです

 

今より辛かった頃、人からいただいた食材やお菓子のパッケージ

など念入りにすべて「クンクン」して、冷蔵庫に入れてもいいもの、

外装やニオイを関知した入れ物を外し、中身だけにする特別処理班が

常に出動していました。
 

義母に、「ニオイ嗅がなければいいじゃない」と言われ、

 

そんなことしたら、微量の化学物質を冷蔵庫や家の中に入れて

しまうじゃあーりませんか。

 

と、真剣に反論したものです。身も心もギスギスしてました。

 

今でもスーパーのお肉のビニールやタッパー、卵のパック、野菜

のビニールなどは、処理班が活躍していますが。

 

 

重症や過敏度があがっている時には、それ以前に反応してスイッチ

切るとか、とんでもないことでしょう。

 

でも、電車に乗れて、お出かけできるレベルの過敏ちゃんだったら、

たまには、スイッチ切ってみるのもいいかもしれませんよ。

 

今の私の過敏度 ココです(特にES)

 

というわけで、

 

スイッチの切りどころを、見極めるのが大切ですね。

 

切りまくって、暴露しすぎて過敏度あがらないように気をつけて

下さいね。

 

 

「体調、下がったら、上げればよいだけ」俳句風に言いたいけれど

言えない・・・

 

はい、こちらもCSの先輩のありがたいお言葉。

 

思うように上がらなくて苦労している方たちが多いでしょうが、

私の心の中に常に入れてある言葉です。

 

長くなりすぎたので、今度の憩いの日5月9日の詳細は次回に〜

 

CS回復への道しるべ comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |