ここいらとは長野の方言で「このあたり」という意味です。
「自分の足元を大切に」暮らしていきたい思いをこめました。
化学物質過敏症になって気づいたこと、学んだこと、
回復への道のりや日々の暮らしをのんびりゆる〜く綴っています。
1犯稜箋抻澆里知らせ
竹の湧泉をお使いのみなさまにお知らせです。

現在、ココイラでは1肇汽ぅ困里取り扱いを
休止しています。再開の予定はありません。

ほとんどの方が3箸鮃愼してくださっていますが、
はじめて使う方にかぎり試供品(約33cc)を差し上げます。
特にCSさんはどんなものでも少量ずつ試すことをすすめて
いますので、お試ししたい方はお問い合わせ欄より
お知らせください。

ご不便おかけましますが、CSさんにお勧めの新商品を
近々お知らせしますので、ブログとサイトを時々のぞいて
みてくださいね。

さてさて、前回の記事で紹介した、ベビーマグちゃん。

特に男性特有の皮脂の臭いに効果抜群ということが
わかりました。

我が家の野獣こと肉食獣(このブログをみてませんように)
のTシャツはすごいんです。

竹の湧泉や酸素系漂白剤、アルカリウォッシュといろいろ
駆使しても、中には落としきれない脂臭がありました。
(まだ奥の手は使ってないんだけど、めんどくさくry)

奥さんっ、奥の手なんていりませんよ。

マグちゃんを洗濯機に入れるだけ!

1個3kgの洗濯物、2個5kg、3個8kgなので3個投入。

実は、前回の記事のときは1個を自分の洗濯だけに
使っていました。
(ますます野獣さん、これみてませんように)

我が家は3人洗濯と洋服入れる場所はひとりひとり
別々です。

洗濯機を別にするほど重症ではないけれど、それぞれが
お外からのニオイやら、いろいろなものをつけてくるので
それらを完璧に取ろうとすると、洗濯で1日が終わります。
その辺はみなかったこと、もとい嗅がなかったことにしています。

父さんのパンツと一緒に洗えないのは、愛してないからじゃ
ないのよー(言い訳完了、だけど父さんって呼んでないし)

実際、2人家族で1日6回洗濯機を回しているCSさんもいるし
CSってエコと思いきや、それだけの回数の洗濯にかかる
エネルギーや労力が必要になります。

CSと洗濯は切っても切れない仲。

私がココイラで竹の湧泉を紹介するようになったのも、
ニオイを落とすことに四苦八苦していたからです。

と、話が長くなりましたが、ベビーマグちゃん、今日は
お日さまの力も借りて、皮脂臭バイバイDAY






実は私より鼻がいい夫(自称:警察犬)もご機嫌です。
ベビーマグちゃんの詳細も、併せてお問い合わせくださいね。

_____________________________

最近、メールが届かないことがあります。ご迷惑かけまして
申し訳ありません。

お問い合わせ後、数日経っても返信のない場合はお手数
ですが、下記のgmailにも送ってみて下さい。

matsubarakimiko☆gmail.com(☆を@に変えて下さい)
お知らせ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.cocoira.com/trackback/107
<< NEW | TOP | OLD>>