ここいらとは長野の方言で「このあたり」という意味です。
「自分の足元を大切に」暮らしていきたい思いをこめました。
化学物質過敏症になって気づいたこと、学んだこと、
回復への道のりや日々の暮らしをのんびりゆる〜く綴っています。
代わりの物

 

夏日のような先週末は、代々木公園のアースデー

お手伝い、久しぶりの2日連続でした。

 

 

 

 

 

10年程前に、化学物質過敏症知ってね☆うぉーくが

出展した時より回復しているので、アースデーの2日

連続も体のダメージが違いました。

 

うぉーくから10年経つのですね。

 

発症から10年以上が過ぎ、その間にたくさんのご縁と

学びの機会をもらいました。

 

その中で学んだ大切なことは

 

理解してもらうよりも

 

協力してもらうこと

 

 

過敏症はまわりの人の協力があるとないとでは

回復のスピードや日々の暮らしが大きく左右されます。

 

発症したての頃はとにかく辛くて、

 

「理解して欲しい」と夫や世間を責めていました。

 

 

当時

化学物質過敏症は病名登録もされてなかったしね。

 

 

たくさんの方達の多大な労力のおかげで病名登録

されて私たちは救われているのです。

 

 

お願い上手になること、感謝の気持ちがなにより

大切だなぁとつくづく感じます。

 

 

お願い上手とはいっても

 

「具合悪くなるからやめてくれー」

 

 

だけではいけません。

 

 

私は、それで何度も失敗して

 

いいと思って使っている人たちを否定して傷つけ、

友人とは疎遠になり。

 

 

身近なところだと、洗剤や柔軟剤。

 

 

辛くなるものを使っていたら、私が大丈夫な

代わりの物を差し上げて「これを使ってもらえると

とても助かる」とお願いをします。

 

 

洗剤と柔軟剤の話になると長くなるのでまたの機会に。

 

 

 

この季節は、植樹の消毒があちらこちらではじまります。

なんで農薬や殺虫剤のことを消毒って言うんだろうね。

 

 

クリーンなイメージ!?
消毒も代わりの物がありました。

 

 

日々、頭が下がるくらい啓蒙活動を続けていて、有益な
情報を発信しているCSさんからいただいた情報です。
学校やマンションの植樹などの農薬散布の連絡がきたら

BT剤、セルコートアグリ、ジックニーム

 

 

これらのものに変えてもらえないか、お願いして

みませんか?

 

 

*すべてのCSさんが大丈夫という保証はありません。

 

 

 

【新築工事情報】

 

昨日でお隣の家の解体が終わりました。

 

 

6月4日からシロアリ防蟻剤散布

 

 

薬剤は、お約束のネオニコ。

 

 

ダメ元で、ホウ酸系のエコボロンにしてもらえないか

頼んだけれど、返事はありません。

 

今回ダメでも、考えてくださいと伝えました。

 

 

 

ホウ酸系のシロアリ防蟻剤  エコパウダー

 

 

代わりの物は探せばあるんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

今日の畑の写真

 

じゃが芋の葉っぱについているてんとう虫

 

 

 

 

 

 

偽物!!! 偽物がいるとは知らなかった。


 

「ちょっとかわいそうだね」と夫と言いながら

この子は捕獲します。

 

 

 

 

 

 

 

CS:対策 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.cocoira.com/trackback/134
<< NEW | TOP | OLD>>