ここいらとは長野の方言で「このあたり」という意味です。
「自分の足元を大切に」暮らしていきたい思いをこめました。
化学物質過敏症になって気づいたこと、学んだこと、
回復への道のりや日々の暮らしをのんびりゆる〜く綴っています。
ネゴシエイト

 

秋の実りの季節になりましたね〜


福岡のきままクラブさんから絶品の野生の栗が届きました。

昨年、CSの大先輩からいただいた栗ご飯の栗が美味しくて
美味しくて、美味しくて、1年待ちに待った栗です。

 

 

お料理上手の方が作ったというのもありますが、やはり栗ご飯
の主役が美味しくないと、悲しい結果になった昨年の我が家の

栗ご飯・・・

 


古くは縄文時代から重宝されてきた栗は、過敏症に不足しがちな
亜鉛が豊富に含まれています。

 

 

CSさんにもおすすめですよ〜 発送はチルドでね。

栗は冷蔵庫に保存しておくと、甘みが出るんですって。

 

 

 

*ここいらファンの方にはおみとおしの、数年前の渋皮煮の

写真使い回しの術ー(あ、いませんね。。)

 


さてさて、お隣の新築に引っ越す方が今日家に来ました。


ずーーっと、ずーーーっと、神様仏様雷様にお願いしていた
「いいニオイ」のしない人が来てくれることは、

 

残念ながら、撃沈。

 

ま、そら、そうだよねー 確率からしたら、「いいニオイ」
じゃない人のほうが少ないもんなぁ。

 

 

脱線するけれど、今は「昔はリン入の洗剤があったよね」と
言うように(あ、言わない?) 「昔は柔軟剤があったよね」
「合成洗剤ってあったよね」と、マグちゃんや竹の湧泉

洗うのが当たり前の世の中にしたいです。


お隣さんには、さらりと化学物質過敏症という病気だということ、
柔軟剤や消臭剤、殺虫剤が苦手で、シロアリ防蟻剤や外壁塗装の
際には、窓を封鎖したり場合によっては避難したいので
お知らせして欲しいことなどをお願いしました。


とはいえ、「はいそうですか」でやめてくれるはずもなく。

 

いきなり、引っ越しの挨拶に来た方に

「あなたいいニオイしてるから新居では柔軟剤をやめてください」

なんて言った日には、終わりのみえない長い戦い??に突入だ。


「いいニオイ」の新しいお隣さん。

我が家のベランダから、お隣のベランダは3メートルほどしか
離れてなく、家の玄関はお隣さんのお風呂場と洗面所の前を

通らないと入れません。


CS憩いの仲間の参加者さんたちが日々口を揃えて、言っている
近隣の柔軟剤問題

 

 

家もないわけではなかったのですが、お隣の4件中2件が
空き家だったので、いよいよ始まります。

 

 

末永いお付き合いになるお隣さんと、よいお付き合いをする中で
過敏症のことを知り、環境のことを考えるきっかけになってくれて
できれば、自主的に変えてくれたらうれしいなぁ。

 

それには、お願い上手、お付き合い上手になること。

 

お付き合いする中で、お隣さんが変えてくれたというCSの大先輩も
いることだしね。

 

いつも過敏症の啓発活動と情報発信をしてくれているCSさんは
その道(どの道だ?)のプロで、学校の樹木の消毒も安全なものに

変えてもらったり職場の無線LANを有線にしてもらったり、

私の見習いたいCSさんベスト5に入る方です。

 

彼女の人柄と、気持ちが伝わっているのだと思うのです。

 

今回、近隣の樹木消毒騒動で、さすがの彼女もいよいよダメか
今まで動いてきた労力や気持ちを考えると残念すぎると思いきや、

逆転一発ホームラン。

 

詳細は省きますが、それはもうあの手、この手を使い、ご自身も
かなり深いところまで勉強し、諦めず、こまめに動きとても上手に
お願いして、お礼も忘れず、農薬から代替品に変えてもらえた

彼女は私たちCSの希望です。

 

希望は捨てちゃぁいけないね。って教えてもらいました。


さてさて、松原家はどうなることやらーー

 

 

 

*ゴマも作ったよー今年のお正月は栗ご飯に自家製ゴマが楽しめる♪

 

 

裏の26軒ですが、造成工事中で先日道路にアスファルトが

入りましたが、おかげさまで体調に問題なく過ごせています。

 

毎朝の畑活(ハタカツ?)と、もうひとつはじめたことのおかげですが

またもや長くなったので次回に。いつまでひっぱるんだーーーー


11月〜5月まで建築予定で、ありがたいことに道路側から

建てていくので、家の近くは最後のほうになるとか。

 

奥から建てると言われた日にはどうしようと思っていたので、

朗報です。

 


神様仏様雷様、ありがとう!!!

 

雷様・・・あれ、なんか違わない??

 

 

CS:食べもの comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.cocoira.com/trackback/137
<< NEW | TOP | OLD>>