ここいらとは長野の方言で「このあたり」という意味です。
「自分の足元を大切に」暮らしていきたい思いをこめました。
化学物質過敏症になって気づいたこと、学んだこと、
回復への道のりや日々の暮らしをのんびりゆる〜く綴っています。
通じるもの

 

コロナウィルスの収束がみえない中、免疫力の弱い

 

CSさんたちの不安や心配がひしひしと伝わってきます。

 

私もその中のひとり。

 

 

電車やビルは、(多分)次亜塩素酸で消毒されて、

 

手指消毒で、アルコールや除菌グッズのオンパレード。

 

病院だって具合悪くなるからできれば行きたくない。

 

 

体調を優先して、2月の患者会は不参加にしました。

 

ちょうど2月はハードで疲れていたので、どうしようか前日まで

 

悩んでいたのですが、スタッフだからといって、休んじゃいけない

 

ってことはないのよ、と代表の言葉にホッとし、無理しないことに。

 

個人の違いを尊重できる場つくりっていいなぁ。

 

 

3月は休会です。

 

 

とはいえ、お店は車通勤にしてはいるけれど

 

シフト通りに出ています。

 

 

お店に出て、エコマーケットの人たちと話しながら、

 

 

原発の時は水や食べ物も心配だったよね、

 

 

とあの頃を思い出し。

 

 

過敏症は次亜塩素酸で具合悪くなるということを伝えたり

 

似たような温度の人たちと会話して、言葉にすることで

 

少しずつ自分の中の不安やパニック感を拭っています。

 

 

 

原発の時のように、

 

今回も過敏症と通じるところがあります。

 

 

 

○ 外出時は放射能、ウィルス、化学物質から守るために

 

マスクの着用

 

 

○ 帰宅後は放射能、ウィルス、化学物質を落とすために

 

手洗い、シャワー。

 

 

○ 免疫力をつけて、自分の体を整えること。

 

○ 人によって温度差があり、正解がわからないこと。

 

 

原発、コロナウィルス、化学物質過敏症

 

 

いろいろな共通点がある中で

 

 

何よりも

 

 

見えないモノへの不安と恐怖、

 

命の危機感

 

 

大きいのだと思います。

 

 

 

そして今まで、自分がどれだけ

 

自分や地球を大切にしていなかったか。

 

安くて便利なものに安易に飛びついて

 

体の声を無視し続けていたか。

 

 

過敏症を発症して自分の体が痛い目にあってはじめて

 

気が付いたことがたくさん。

 

 


 

 

 

これは、堆肥作りに参加した時の写真

 

いやぁ、菌の力ってすごいね。

 

 

 

 

 

堆肥のニオイがつくというので、一人だけこーんな

 

重装備で参加したものの、田舎でよく臭ってくるあ

 

ニオイはまったくなくて、ホカホカでした。

 

 

だって、田舎の牛舎の近くを通ると臭うあれだったら

 

具合悪くはならないけれど、不快にはなりそうだからね。

 

 

腐敗と発酵の違いなのかな?

 

 

 

そして翌日のお通じのよさにびっくり!

 

 

 

通じるわぁぁー

 

 

 

 

 

 

 

菌浴の後の、日光浴と、花見。

 

 

どんな時も、花は咲いてくれるなぁ。

 

 

災害や疫病、自然界で起きていること。

 

人間は、自然をコントロールしようとして

 

痛い目にあうのかもしれないね。

 

 

 

 

 

 

 

一昨年、畑で余った苗をプランターに植えて、

 

そのまま家の前の陽の当たらないところに放置され、

 

枯れてしまったと思ったスティックセニョール。

 

 

なんとなんと、こーんな形でヒョロヒョロ出てきて、

 

 

花を咲かせ。

 

 

去年、1回 摘んだら、2ヶ月後にこんなに育ちました。

 

 

土も肥料も水も、太陽さえも、与えてない子なのに。

 

 

自然ってすごいね。

 

 

 

「この宇宙からしたら、○○はチリにもならん」

 

○○は、当時私が悩んでいたこと。

 

 

チリにもならないけれど、恥ずかしいので伏せといた

 

 

311の地震の時に余命宣告うけた、亡き父からの

 

最後の手紙を、私は免許証と一緒に持ち歩いています。

 

 

コロナウィルスは、父が命をかけて最後に教えてくれた、

 

 

人がいつか死ぬということ

 

 

を、まるでなかったことのように生きている私への

 

警告のようにも感じ、日々の生活に流されて大切な

 

ものを見失ってないか、生き方をもう一度考える

 

きっかけになりました。

 

 

 

マスク、トイレットペーパー、食品が売り切れになる

 

人々の不安とパニック、都市の生活。

 

 

ネットの情報に、流されないようにと思う反面、

 

今回多くのFBフレンドからのシェアや投稿にも励まされたよ。

 

ここいらのお客さんから、ブログみて勇気づけられたと

 

嬉しい言葉をもらいます。

 

私もこうして、勇気づけられているんだなぁ。

 

 

 

先は見えないけれど、不安な時間はそろそろおしまい。

 

 

過敏症の時と同じ、適切な対応をしたら後は

 

 

 

たくさん笑って、お日様あびて

 

免疫力つけるぞーっ

 

原発・放射能 comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>