ここいらとは長野の方言で「このあたり」という意味です。
「自分の足元を大切に」暮らしていきたい思いをこめました。
化学物質過敏症になって気づいたこと、学んだこと、
回復への道のりや日々の暮らしをのんびりゆる〜く綴っています。
平和の火
広島に落とされた原爆の火を、懐炉に入れて持ち帰り長年
絶やさずに守り続けた、星野村の山本さん。

平和の火



2010年の夏、CSが悪化して避難していた信州の山奥の
古民家にやってきました。

時を超えて、遠く広島からやってきた火を想い、じっと
みつめると、言葉では言い表せない不思議な気持ちに。

平和の火を囲み友人と、一晩話しあかしました。

それまで私は、平和の火のことを知りませんでした。

原爆で亡くなった多くの人たちの想い、23年間口外することなく
絶やさずにともしび続けた山本さんの想い、何も知らずにいました。

「知らない」では、いけないことがたくさんあるなぁ。

今、日本や世界で起きていること。

地球でおきていること。

自分はどれだけ、知っているんだろう。

原発是非を問う都民投票にむけての署名運動の受任者になって
少しだけお手伝いをしましたが、知らない人が多かった。

もっと、もっと、アンテナを張り巡らせようと思いました。



同じ、古民家にあった魚の餌。

小さくて、赤い、うにうにしたあれです。

魚の餌って、鳥も食べるんだね。

は虫類・・・ カメとか?

両生類に・・ふむふむ

じゃぁ、カエルにあげてもいいのね。


猿に・・・?

サル・・・


知らなくてもいいかもしれないこともある?



原発・放射能 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>