ここいらとは長野の方言で「このあたり」という意味です。
「自分の足元を大切に」暮らしていきたい思いをこめました。
化学物質過敏症になって気づいたこと、学んだこと、
回復への道のりや日々の暮らしをのんびりゆる〜く綴っています。
マスク
 腕が痛くて、ブログ更新がのんびりペースになっています。
こんな時も、湿布は絶対無理、痛み止めも極力飲みたくない
ので、じっと我慢するしかありません。

CS発症者の必需品と言ったら、マスクです。
軽症の私も電車の中ではこれがないと乗れません。

人ごみや、病院、香ばしいところではこのマスクが大活躍。

街中で、分厚い大きなマスクをしている人を見かけたら、
もしかして化学物質過敏症の発症者の方かもしれませんよ。




一般的なのがこちら。活性炭入りです。
耳にかける部分が、ゴムではなくヒモになっています。

定価1312円 (5枚入り)

使い捨てだから結構な出費になるっつーことで、煮沸したり、
少しの間干して使うこともありますが、使い捨てとして
販売されています。(発症者の方ご自身で煮沸する場合、
蒸気を吸いこまないように充分に気を付けてくださいね)




私が愛用しているのはこっち

定価785円(5枚入り)

最初は、上のタイプを使っていたのだけども違いがあまり
感じられなかったことと、私のCS友人たちも愛用している
ことから安い方にしています。

消耗品だからね、安い方がいいよね。

私は、このマスクの間にハンドタオルを入れて使っています。
そのほうが、楽なんですよねー

間に、もう一枚活性炭シートを入れている人もいます。


長い間かけると、耳が痛くなってマスクするのがおっくうに。

マスクしないと、化学物質をより多くとりいれることになり
チリも積もれば方式で、知らない間にたまってしまうのは困る。

入れても、貯めてもいけない病気ってなーに?

ちょっとスルーしてください





とゆーことで、考えたのがこれです。

ゴムの両端にマジックテープを貼り付けて、ゴーグルのように
して頭にかぶっています。

ゴムアレルギーや、素材に反応しちゃう人は無理かもですが。

あと、見た目があまりよろしくないので、お洒落なレディには
難しいかな。

マスクしてから帽子かぶればいいんだけども、帽子かぶって
マスクしちゃう見た目どーでもいい、お気軽おばはんここいら
店長でした。

ああ、女終わってるわぁ。

*活性炭やゴムなどに反応してキーメイトマスクを使えない
発症者も多いです。まず1枚入りを試されることをお勧めします。
 

活性炭入りマスクが使えない方は、オーガニックコットンの
マスク
や、竹布マスクがあるので、いろいろ試してみてくださいね。

「大切なのは、入れないこと、貯めないこと、出すこと」です。
大事だから、2回言ってみたよ!



CS:必需品 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.cocoira.com/trackback/4
<< NEW | TOP | OLD>>