ここいらとは長野の方言で「このあたり」という意味です。
「自分の足元を大切に」暮らしていきたい思いをこめました。
化学物質過敏症になって気づいたこと、学んだこと、
回復への道のりや日々の暮らしをのんびりゆる〜く綴っています。
311
 あれから1年。

地震が起きた14時46分。

主治医から父の命が残りわずかだろうと聞いていた時でした。

8階の病棟で、経験したことのない強い揺れを感じ、このまま
揺れがおさまらなかったり、強くなったらどうなるんだろう。

ありがたいことに、この年になるまで大病なく過ごしてきた
私は、311の地震で「死」をはじめて意識しました。

たくさんの命を奪った地震と津波。

そして、今もなお収束しない福島第一原発。

いろいろな情報がネットから、あふれてきます。

多くの人の人生が311を境に大きく変わり、一方では
何事もなかったように生活が営まれている。

前日の東京大空襲、そして東日本大震災。


死ぬ直前まで、私を愛し続けてくれた父と

たくさんの失われた命を想い

静かに黙祷し、今、ここに生かされていることに感謝します。




写真は、安曇野市の原生林。

お気に入りの場所です。
知る人ぞ知る場所なのですが、ここの空気は格別。

1日に吸う空気は、25kg。空気がないと生きれませんね。

「命につながるものは、みんなタダなんだよ」

尊敬するお師匠さんの言葉です。
父と同じ時期に、お師匠さんは親友を見送りました。

4月中旬頃から、化学物質を抜いて体力をつけるためと、
田舎に帰りたかった父を偲びに、長野に行ってきます。
原発・放射能 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>