ここいらとは長野の方言で「このあたり」という意味です。
「自分の足元を大切に」暮らしていきたい思いをこめました。
化学物質過敏症になって気づいたこと、学んだこと、
回復への道のりや日々の暮らしをのんびりゆる〜く綴っています。
肝機能
こんにちは〜 今日も五月晴れですね。

五月晴れって、5月のことだと思っていたのは私だけじゃないはずっ。


肩を悪くして、(と言うと聞こえがいいけれど、五十肩でMRIまで
撮ってしまった人。)痛みで眠れない日が2ヶ月くらい続いたことで、
回復してきた今、痛みがないことのありがたさを、強く感じています。

化学物質過敏症を発症して、6年目の夏。

そろそろ、CSとのつきあい方も上級とまではいかなくても、中級クラス
にはなっていて欲しいところ。

どこに行っても化学物質からは逃げられないから、「入れたら、出す」
ことと、まわりへの感謝の気持ちを忘れないようにすることで

ずいぶんと私のCSライフも変わってきました。

6年間、いろいろな情報をもらい、調べ、試してきました。
アンテナをはりめぐらすことも大切ね。

この間、TVで免疫力を高める食材というものを紹介していて
思わず納得してしまったのが、これ。







ブロッコリースプラウト。 ブロッコリーの新芽です。
貝割れ大根よりも、辛くなくて食べやすい。


TVではブロッコリーを紹介していたんだけど、CS仲間の間でも
以前に話題になりました。

ブロッコリーは肝臓の働きを助けるそうです。

だけど、農薬の影響をうけやすい植物なのでできる限り無農薬を
選んでくださいね。

セロリも無農薬を選んだ方がいい植物です。
(アンドリューワイル博士の、ナチュラルメディスンより)

CSの主治医にも、ブロッコリーやブロッコリースプラウトをとると
いいとすすめられた食材。


人のうけうりだけど、いつも意識していること。

「人間の身体はすべて食べ物でできている」


ということ。

なにを食べるかだけでなく、どんな食材や調味料を選ぶかという
ことも大切ですね。

だけど、無農薬野菜や、無添加の調味料は高いんだよねぇ。

お財布には優しくないけれど、気をつけた方がいい食材を知ったり
バランスを考えて、できるだけよいものを選びたいです。

バランスって大事。食事だけではなく、
日々の運動や、早寝早起きなど生活習慣の改善もしないとねっ。


発症後3年間は食べるもの、身の回りのものだけに異常なほど
気をつけて、運動しなかったら、過敏性があがり一時悪化して
しまった私。


失敗を学習しないとねっ!

CS:食べもの comments(2) trackbacks(0)
Comment








きみさん,こんにちは!
人間の身体はすべて食べ物でできている!
本当にそうなんですよね、

ブロッコリースプラウトはちゃちゃっと洗って切るだけで
食べれるから助かりますね!
今日もお昼に食べま〜す。

また、おすすめの食材有ったら教えてくださいね。
では〜!
from. shirochashiro | 2012/06/30 12:19 |
shirochashiroさん

こんにちは〜 いつもコメントありがとうございます。

ブロッコリースプラウトは、サラダだけじゃなくて、味噌汁に
浮かべたり、麺類のトッピングなどなどいろいろ使っています〜。

工場内?での製造だから、放射能の影響も少ないですよね。

私も、買ってこよう♪
from. ここいら店長きみ | 2012/07/01 10:40 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>