ここいらとは長野の方言で「このあたり」という意味です。
「自分の足元を大切に」暮らしていきたい思いをこめました。
化学物質過敏症になって気づいたこと、学んだこと、
回復への道のりや日々の暮らしをのんびりゆる〜く綴っています。
やっかいな放射能と暮らしていくための基礎知識
 
昨日、家の階段の上から見事にスライディング?を
してしまい、むち打ち状態になってしまいました。

首がまわらないとはこのことだ〜 

そんなわけで、昨日からほとんど寝たきりに加え、
数日前から、両腕に原因不明のかぶれもでてきてふんだり
蹴ったり状態です。


国分寺のこどもみらい測定所のツイッターからの情報。
理論物理学者の田崎晴明さんが書いた本を紹介します。

pdfファイルになっています。

やっかいな放射能と暮らしていくための基礎知識



以下、本文より引用
___________________________

この本は、「安全だよ。安心してください」と言う
ために書いたのではないし、「危険だ。心配しなくては
いけない!」と言うために書いたものでもない。

ただ、放射線や原子力について知っておいたほうがいい
(とぼくが判断した)基礎知識を説明し、それから、
「放射線はどれくらい体に悪いのか」ということについて
何がわかっているかを丁寧に解説した。


そして、よくわからないことについては、「わからない」
とはっきり書いた。何がどのくらい「わからない」のかを
みんなで知って、その上で、これからどうするかを自分で
考えていくのが一番だと信じているからだ。

これは、そういう本です。
___________________________


とても真摯な姿勢が伺えます。

132pに共感できる内容があったので引用します。


___________________________

「気にする自由」があるのと同じように「気にしない自由」
があるということも言っておきたい。

中略

この困難な時期に何よりも大切なのは、「気にする自由」
と「気にしない自由」をお互いに尊重し合いながら、
最良の未来を目指していくことだと信じている。

___________________________


みんなが同じでないといけないという風潮の日本社会。

「食べて応援」食べないなんて、風評被害だと。

食べる人も、食べない人もお互いの選択を尊重したいです。

化学物質過敏症も似ているところがあって「みんなが日常的に
使っているものがダメなんて」病気の私の方が「変わっている」
「おかしい」と、何度も言われ続けています。

使えない自由を〜と言いながら、使うものに苦しんでしまうので
尊重できないのが、私のまだまだ未熟なところです。

竹の湧泉のアースデーマーケットでの対面販売では、
合成洗剤を使っている人を否定しないで、やんわりとダメな
人もいるということを伝え、竹の湧泉を柔軟剤かわりに使う
と合成洗剤の残留成分が落ちてよいこと、お掃除にも使える
ことを説明しているんだけども、


まだまだ、自分の意見を押しつけているかなぁ。。。

化学物質も、放射能も、害がどのくらいあるのか知ってから
選択したいですね。

おっと、話がそれちゃった。


単行本にもなるそうですが、こちらは無料です。
反原発を利用した金儲け主義と言われることもないですね。

そんなつもりがない人まで言われてしまうのが悲しいですが。


B5やA4に小冊子のように印刷もできるし、web上やipad
などでも読めるようになっています。

プリントアウトしてじっくり読みます。



原発・放射能 comments(4) trackbacks(0)
Comment








うわっ!
とんでもないところからスライディングとは・・・。
お大事にしてくださいね。
(元気になったらまたあの世界で遊んでください♪ もっと体調が持ち上がったらランチに出かけましょう!)

どんな物事も「伝える」って難しいですね。
自分が伝えたいことと真逆の受け取り方をする方もいますし、もう少し深く伝えたくてもうまく出来なかったり・・・。

それでも少しずつ・・・♪
from. 華好 | 2012/10/15 07:46 |
華好さん こんにちは。

そうなんですよ〜 実はこれ2回目です。今回のほうが痛くて
病んでしまいました。一番上から背中とお尻でスライディング。
首がガクガクして、脳みそ揺れちゃいました(泣)

またランチもろもろ、おつきあいよろしくお願いします。

「伝える」こと、難しいですね。華好さんのように伝え上手
ならいいのですが。このブログも同じ発症者の方はどう感じて
いるのだろうとか、化学物質過敏症を知らない人に、伝わって
いるのだろうかとか、常に考えます。

実は、この日記を書いた後も密かに考えていました。

少しずつ・・・ですね。伝えることや、明るいCS生活のための
How to を華好さんの日記からいつも勉強させてもらっています。
from. ここいら店長きみ | 2012/10/15 12:31 |
きみさん、こんにちは!

階段からスライディング!
それは大変でしたね。
首は大切だから、大事に養生してくださいね。

小白茶は、悪い物にあたると、動作の協調が上手く行かなくなる、と言ってます。階段から落ちるってのも、何かにあたっちゃったのかな?と心配してます。

「気にする自由」があるのと同じように「気にしない自由」がある
いいですね。
pdf読んでみます。
from. 白茶白 | 2012/10/15 16:31 |
白茶白さん、こんばんは〜

ありがとうございます。家の階段、急で手すりがないんですよ。
あわわわしながら、手は壁をさわってつかめる場所を探して
いました(泣)

原因は田舎で買ったばかりの冷えとり靴下の4枚目のウールの
靴下が、すべるんです。朝方東京に戻って、寝ぼけてスリッパを
履かずに、上がって下がろうとしたら・・・スライディングー。

悪いものにあたると、動作の協調が上手くいかなくなるのですね。

心配してくださり、ありがとうございます。今回は、私が寝ぼけ
ていただけだと思いますが、興味あるので今度詳しく教えて下さいね。

「気にする自由」と「気にしない自由」理解はできなくても、
尊重したいですね。
from. ここいら店長きみ | 2012/10/15 23:13 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>