ここいらとは長野の方言で「このあたり」という意味です。
「自分の足元を大切に」暮らしていきたい思いをこめました。
化学物質過敏症になって気づいたこと、学んだこと、
回復への道のりや日々の暮らしをのんびりゆる〜く綴っています。
屋根工事とその後


 
あっという間に、雪に変りましたね〜 
成人式やお出かけのみなさん、気をつけて下さいね。





はい、うちの庭と呼んでいる人んちの栗林もこんなんなりましたよー。


さて、お隣の屋根工事は、数日前に教えてもらったおかげで家の外と
窓の大掃除と、窓の目張り作業の対策がとれました。

さらに塗装部分のペンキを水性に変えてもらい、体調に影響は
ありませんでした。

心配して話を聞いてくれたCSの先輩と、解毒のためのタチオン点滴
の緊急対応の体制を整えて下さったかかりつけの病院、協力して
くれたお隣さんと家族のおかげです。

お隣さんにお礼の挨拶に行くと 

「大変ですね。家でできることは協力しますよ。お大事にね」

と快く変えて下さりありがたかったです。






近所で塗装工事などがはじまると、工事の場所と方向と内容、その時
の自分の体調(過敏度)によって、目張りする窓の数が変ります。

どんな時も、寝室は必ず確保。 


「とりあえず、安心して寝るところが確保できればいいわよね」

と、CSの先輩の助言。

実はこのときも「もっと早くに教えてもらってたら」と思っていた
けれど彼女に

「前日とかじゃなくてよかったね」と言われて、ハッとしました。


困ったときに彼女に相談すると、ポジティブなことを教えて
くれるので助かります。


考え方ひとつで、生き方って変るんだなぁ・・・


我が家の目張りの方法
 
*シーツやバスタオルなどを10cm幅くらいに切る

*画材で使うパレットナイフで窓のすき間にシーツを入れ込む
(このパレットナイフがないと作業できません。ケーキ用のナイフ
でもやったけれど強度と厚みが画材用のほうが全然やりやすいです)

*反応しないテープとビニールで窓を封印





シーツがシワシワなのは使用後だから・・


これをすると外からの空気をかなり防げますが、逆に家の中の
新建材などの成分がこもります。

発症後もかろうじて使えると思っていたベットから昔使っていた
柔軟剤の成分が出て来たので処分しました。

時系列でいうと・・・・

悪化 → 目張り → ベット処分 → 田舎へ避難 → 回復 

ベットを処分したことが吉となったのかはわかりませんが、
その後体調は悪化していません。

封印すると、すきま風等で感じなかった家の中の成分が強く
でることを想定しておいてください。


テープは、ニチバンのNo640という品番を取り寄せしてもらって
いますが、No.640pfというものは同じ材料のはずなのですが、
ニオイが強いです。

窓枠すべてにテープを貼るので、テープに酔ってしまうことも
ありますので、ご自分にあったものを選んで下さいね。



さて、次は2軒先の家の新築工事、22日からシロアリ防蟻剤
の散布がはじまります。



薬品の化学物質安全性データシート MSDS をもらうと、
ネオニコチノイド系 の防蟻剤でした。

MSDSは提示義務があるので、お願いすると出してくれます。


オプティガード20EC シンジェンタジャパン株式会社


シンジェンタって、モンサント、デュポンに次ぐアメリカ三位の
種苗会社。遺伝子組み換えを世界中に広めている会社。

農薬漬けの種を売り、農薬も売る。しかもその種は、子供を持つ
ことができません。1回こっきり。

だからまた次の年も買わないといけない。

その種に効く農薬や除草剤をセット売り。なんという儲け方。



おまけ : 日本で使われている 遺伝子組み換え原料入り食品


モンサントの社員食堂では遺伝子組み替え食品を出さないとか。
自社のものを食べないって・・


TPPに参加するということが、どういうことなのか考えると
恐ろしいです。


今回のシロアリ防蟻をやるお宅は新しく住宅を買われた知らない
方。さすがに薬品を変えてくれとは言えないので、自分で防御
するしかありません。


屋根工事の次は、ネオニコ散布!!


「ああ、もう八方ふさがりだー」と嘆いてないで



前もってどんな薬品を使うか知ることができたので、避難先の
確保や、部屋の目張りなどの対処ができるということ ♪

と、ポジティブに考えられるようになったのはCSの先輩たちの
おかげです。


バイトの時期がずれていたので、
状態次第で、田舎の友人宅に避難することを考えています。


ポジティブなCSの先輩も
「うちも遠いけど避難先の視野にいれてね」と言ってくれて、
避難する場所があるということが、心の支えになります。


今回は仕事が入っていない時期なので、いざとなったら逃げる
ことができるしね。

何事もバランス。普段は、冬の時期は不幸以外で田舎へは行かない
けれど、ネオニコよりは灯油ストーブのほうがまだましです。


なにがなんでもNGではなく、

そのときの状況や、体調を考慮して、なにを優先するかバランス
をとることも必要。


化学物質過敏症を抱えて生きていくということは、こういった外
からの影響に左右されることが多々あります。

一度発症すると、回復してもこういうことからは一生ともに
生きていくことになります。

発症してない人は、今からでも遅くありません。身の回りの
生活用品を見直して、発症しないように予防してくださいね。



化学物質過敏症の対処法

*できるだけ入れないこと
*入れたら出すこと

*入れたものを出せる体を作ること

この3つに限ります。


明日から2日間、アースデーマーケットで知り合ったくすのき
工房さんのバイトで、世田谷ボロ市にでます。

くすのき工房さんは、天然とはいえ木のVOCの影響で体調がかなり
厳しくなるので、シロアリ防蟻の時期と重ならなくてよかった。


長くなるので、くすのきについてはまた後日詳しく書きますね。

CS:対策 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.cocoira.com/trackback/88
<< NEW | TOP | OLD>>