ここいらとは長野の方言で「このあたり」という意味です。
「自分の足元を大切に」暮らしていきたい思いをこめました。
化学物質過敏症になって気づいたこと、学んだこと、
回復への道のりや日々の暮らしをのんびりゆる〜く綴っています。
もりのいえ 
 
更新ペースがのんびりまったりで、撮った写真が季節
はずれになってきた、もりのいえ 第二弾いっときます。

ここでの生活は、朝6時半からはじまります。

入り口(玄関)と出口(トイレ)は常にキレイに
しておいてください」と、まぁさんにお願いされました。

なるほどなぁ、うまいこと言うな〜 と感心。


というわけでまずはトイレ、リビング、玄関などの
掃除と洗濯です。

家では起きてすぐに掃除をすることもなく、雑巾がけも
義母にやってもらってばかり。

「帰ったらもっと雑巾がけしよう」

と、雑巾かけしながら、心に誓った私は

トイレ掃除と雑巾がけは以前よりするようになったけど、
ドロボウに入られた後のような部屋になっているのは
どうしたらいいですか?

反省してるふりの、自虐ネタはこのへんにしておいて。




写真:畑からみたもりのいえ


7時に朝食をとり、片付けたらお昼まで午前の作業。
内容はその日によって変わってこれがまたおもしろい。


・通販しているお菓子の袋詰め作業
・お味噌、テンペ作り
・お風呂掃除
・大掃除
・布団干し
・お米の選別
・子供と遊ぶ
・アフリカンダンス
・昼食の用意
・ピアノコンサート


子供と遊ぶ?アフリカンダンス?うん、そんな日も
あったなぁ。お昼を食べたら、2時間ほど休憩。

その後は午後の作業の合間をみて夕飯までに順番に
お風呂に入ります。お風呂は薪風呂です。

4年前には入れなかった薪風呂に入れるようになるまで
回復したんだなぁと、薪のニオイのする服を着ながらしみじみ。




写真:もりのいえの薪風呂

帰る10日ほど前までは「できない」と決めこんで
風呂焚きは他の人にやってもらい、

薪ストーブの薪入れも、
最初の数日はCSを悪化させたくなくて避けていました。

*私は大丈夫になりましたが、CS発症者で薪や炭火に
反応する人は多いです。



もりのいえで暮らしているうちに、薪ストーブに
薪を入れ、薪風呂を焚くことができるようになりました。


工夫次第で煙に巻かれずにすむのです。


できなかったことが、できることになるって
ワクワクして、気持ちいい〜 ♪


どうしてもできなかった(やらなかった)のが、灯油
ストーブの点火、消火と灯油の補充。


でも、風呂焚きができない私を責めることはなく、
できないことは他の人にやってもらって「ありがとう。」
自分ができることをすればいいというスタイル。


もりのいえでは、個人をとても尊重します。

ひとりひとりの違いを受け入れて、
ありのままを愛してくれます。

働いている姿をみると「ありがとう」
作業が終わって一段落するとまた「ありがとう」

笑顔とありがとうがたくさん。


具合が悪かったら無理をしないで休んで下さいと
最初に言われました。

私が無理をして働くと、それは必ず他の人にも
伝わり、私一人の問題ではなくなってしまうこと。
他の人が具合悪いときに休めなくなってしまうとも。

「ごめんなさい」じゃなくて「ありがとう」
でゆっくり休んでくださいと・・・


病気とはいえ、すべての生活用品を変えてもらい、
来客が減り、人間関係や行動も、「私の病気のために」
制限される私にあわせてくれる家族や友人に対して、

感謝の気持ちを伝えることが下手でした。

ありがとうじゃなくて、ごめんなさいと口で言いながら
心の中では卑屈になり、こんなに具合悪くなるのに
わかってくれないと、逆ギレ?ばかりでした。

これじゃぁ、ヤクザもびっくりですねぇ。ヤレヤレ


「愛とありがとう」にあふれていたもりのいえ

その場をとても大切にしているホストのまぁさんと
1日中笑顔で過ごしている理恵ちゃんと真千子ちゃんの

気持ちが伝わり、それがみんなにひろがっていく。


本当に、居心地のいいところでした。

気持ちって伝わるんだよね。






夕食の準備やその日の作業をして夕飯に。
片付けが終わると自由時間です。

薪ストーブのまわりで、本を読んだり、おしゃべりしたり、
布ナプをチクチク縫ったり、のんびり過ごすのです。


- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.cocoira.com/trackback/90
<< NEW | TOP | OLD>>