ここいらとは長野の方言で「このあたり」という意味です。
「自分の足元を大切に」暮らしていきたい思いをこめました。
化学物質過敏症になって気づいたこと、学んだこと、
回復への道のりや日々の暮らしをのんびりゆる〜く綴っています。
防虫剤

衣類の防虫剤は大きく分けて3種類
化学物質過敏症発症者の約8割の人はこれに
強く反応します。

 
合成ピレスロイド系 
ミセスロイドピレパラアースなど。

ニオイが少なく比較的安全と言われていますが
虫が死ぬもの人間に害がないわけないです。

ナフタレン系 の ネオパース、わらべ。
昔からある2個入りのあれです。

パラジクロロベンゼン系 はトイレのあの丸い
ボールもそうです。発がん性物質でドイツでは
トイレでの使用を禁止しています。

パラゾール、ネオパラ、和紙防虫剤など。

化学物質過敏症やシックハウス症候群じゃないから
大丈夫と思っている方、スギ花粉症も悪化するそう
なので、花粉症のある方は気をつけて下さいね。


さて、防虫剤の代替品ですが





樟(くすのき)です。

防虫、消臭効果のある、楠(くすのき)
昔は、タンスやトイレの床に使われていました。

樟脳は昔はくすのきだったのに、いつの間にか農薬に
変ってしまいましたね。

アースデーマーケットでご縁をいただき、時々販売の
お手伝いをさせてもらっている、くすのき工房さんが
売っている、くすのきは自然系のお店で売っている
ようなキレイな形ではないですが、

オイルや薬品一切使用していません。

楠(くすのき)は独特なニオイがあるので、好きな人と
苦手な人と分れます。

化学物質過敏症の方で、楠(くすのき)を使える人は
あまりいません。



じゃぁ、どうしたらいいのかというと
私は使いません(キリッ  ←まさかこれで終わり?


いえいえ、普段使っている物の代替品を伝えるブログ
強化週間中なんで、終わりませんよー。

食品と暮らしの安全で販売している 虫バイバイ

これはポリプロピレン製の袋に入れて、酸素をなくして
虫の生きられる環境をなくす方法をとっているので、
どうしても使いたい方や大切な服の保管にお勧めです。


あとは、クローブなどのハーブも虫さんが嫌いますが
結構匂うのでどうかな? 自然系のお店に売っています。




エコライフのすすめ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.cocoira.com/trackback/98
<< NEW | TOP | OLD>>