ここいらとは長野の方言で「このあたり」という意味です。
「自分の足元を大切に」暮らしていきたい思いをこめました。
化学物質過敏症になって気づいたこと、学んだこと、
回復への道のりや日々の暮らしをのんびりゆる〜く綴っています。
ナチュラル虫よけの作り方
 
一昨日、長野から戻ってきました。

この時期に東京にいることはしんどいので、
長野の血のつながらない姉の家に

いかに長くいられるかが毎年の重要課題です(キリッ

今回のお気に入りフレーズで、田舎にいる間に
何回使ったことか。

毎度毎度、快く迎えてくれる姉一家に感謝です。


洗剤を変えてくれただけでなく、自分の車に入れていた
芳香剤を(犬にオシッコされても)やめてくれて、私が
いる間は虫よけをはずしてくれています。

私のCSがもう少し重かったら、外しても残っている
薬品で辛いのでしょうが、年々回復してきているのが
こういうところでも実感できます。


とはいえ、蚊に刺されるのは困る。


というわけでfacebookで、
ナチュラル蚊よけの作り方をゲットしました。


田舎で試したかったのですが、材料がなくて断念。

なんだか効きそうだし、市販のナチュラルハーブ蚊よけは、
香りが激しくて使えないのですが、これなら使えるかも??


ナチュラル虫よけの作り方

*アルコール   500ml
*クローブ(丁字) 100g (粉ではなくホールで)
*オイル     100ml



アルコールに、クローブを浸し4日おく。
オイルを混ぜる。

これだけ! 簡単〜


アルコールは97%とあったけれど、この方は37.5%の
ウォッカで作ってました。野生の中で生活している方で
効果大だそうですよ。

CS的には、アルコールだめな人が多いのでどうかな??
と思いますが、ウォッカならどうでしょう??

オイルはベビーオイルとありましたが、市販のベビー
オイルは結構危険なので、

純粋なホホバオイルやオリーブオイルが安心かも?


ハッカ系が大丈夫だったら





北見ハッカ通商 ハッカ油スプレー


これも野外フェス系や、山登り系の方たち御用達
効き目あります。


市販の虫よけスプレーは、ディートという農薬成分の
毒性が、カナダなどで厳しい規制がかかっているのですが、
農薬大国の日本はまだまだ安易に使われています。






長野のお師匠さんのお宅の庭。キラキラしています。

訳あって、もう自分の親戚の家には寄れないのですが、
血のつながらない姉という名の友人、お師匠さん、
田舎に私の帰る場所があることがありがたいです。


エコライフのすすめ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.cocoira.com/trackback/99
<< NEW | TOP | OLD>>